記事
  • 女性自身

羽生結弦 交流12年…八戸の研磨師にブレード託し続ける理由

1/2
(写真:アフロ)

「今は通しで曲をかけながら、動きの確認に重点を置いて練習を繰り返している時期でしょう。今年は震災から節目の年。被災経験のある羽生選手にとっては、今度の世界選手権は特に思い入れの強いものになるのではないでしょうか」

こう語るのは、スポーツライターの折山淑美さんだ。3月24日からストックホルムで開幕するフィギュアスケート世界選手権。羽生結弦(26)にとって今季初の国際試合となる予定だ。この大会について、冒頭の折山さんの意見に同調するのは、スポーツ紙記者。

「東日本大震災から10年。羽生選手は仙台出身かつ被災者の一人として、折に触れ寄付や言葉を通して被災地を気にかける姿勢を見せてきました。彼は“自分が活躍することで、多くの人に被災地のことを思ってもらいたい”という考えでやってきた。節目となる年に再び世界の舞台で活躍することで、被災地の人々に希望を感じてほしいと考えているはずです」

羽生は16歳で、ホームリンクだったアイスリンク仙台での練習中に被災。同リンクで支配人を務めていた新井照生さんが回想する。

「地震の瞬間、私は営業活動で外出していたのですが、そのときリンクにいた羽生選手はスケート靴を履いたままリンクから這いつくばるように外へ出たと聞いています。幸いなことにアイスリンク仙台ではケガ人はいませんでした。でも、あの震災では羽生選手と同年代の若い方もたくさん被害に遭っている。彼も相当なショックを受けたと思います」

羽生は自宅全壊で、4日間の避難所生活も経験。またアイスリンク仙台も同年7月まで営業休止に。

「余震で、氷を凍結するパイプが破損してしまって。おまけに電力不足もありましたし、あの震災の状況で『すぐにアイスリンクを復活させたい』とはとても言えませんでしたね」(新井さん)

あわせて読みたい

「羽生結弦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  6. 6

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。