記事
  • ロイター

21年米企業利益見通し上方修正、好調な昨年第4四半期決算受け


[ニューヨーク 10日 ロイター] - 2021年の米企業業績見通しを引き上げる動きが広がっている。予想外に好調となった20年第4・四半期の企業決算や、米景気回復を巡り楽観的な見方が増していることが背景にある。

リフィニティブによると、先週5日時点で、S&P総合500種株価指数構成企業の21年予想増益率は23.9%。20年の12%減から大きく盛り返すことが見込まれている。

20年第4・四半期利益は5日時点で、前年同期比4.1%の伸びを記録。市場予想は10.3%減だった。

企業業績の伸びに伴い今年の株価上昇への期待も高まる。

クレディ・スイス・セキュリテーズのチーフ米国株式ストラジテスト、ジョナサン・ゴラブ氏は、企業利益が急速に拡大すれば株価収益率(PER)が低下し、「年末にかけ、株価に大幅な割安感が生じるだろう」と述べた。

しかし、S&Pが昨年3月の安値から70%超値上がりする中、バリュエーションを巡る懸念は根強い。リフィニティブによると、今後1年のS&Pの予想PERは22倍と、長期平均の15倍を上回っている。

DWSのデイビッド・ビアンコ最高投資責任者は、ハイテク株の見通しについては不安を感じていないと指摘。ハイテク株は「必ずしも成長加速や経済再開の恩恵を受けるわけではない」と述べた。

S&P構成企業による第1・四半期決算発表は4月半ばに始まり、前年同期比22%の増益となることが予想されている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  2. 2

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  3. 3

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  4. 4

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  7. 7

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  8. 8

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

  9. 9

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

  10. 10

    【ウォルマート】、戦友マクドナルドと決別!コロナ禍でそれぞれの成長ベクトルが乖離?

    後藤文俊

    04月10日 09:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。