記事
  • ロイター

カナダ中銀、政策金利据え置き 量的緩和も維持


[オタワ 10日 ロイター] - カナダ銀行(中央銀行)は10日、政策金利である翌日物金利の誘導目標を0.25%に据え置くことを決定した。フォワードガイダンスと量的緩和(QE)政策も現行を維持する。

金利据え置きは予想通り。中銀は声明で「世界経済は、地域的、部門的な隔たりはあるものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響から回復しつつある」と指摘。「カナダ経済は、感染拡大第2波とこれに対する抑制措置に予想よりも良く耐えている」とした。

その上で、第1・四半期のカナダの経済成長率について、1月時点ではマイナス成長を予測していたが、現時点ではプラス成長を予想していると表明。ただ、経済見通しは改善したものの、異例の金融政策による支援はなお必要との見方を示し、スラック(需給の緩み)が吸収されるまで金利を据え置く姿勢を示した。スラックは2023年まで解消しないとみられている。

労働市場については、雇用がパンデミック(世界的大流行)前の水準を大きく下回っていると指摘。感染力が強い新型コロナ変異株の感染拡大で、回復過程が一段と不安定になるリスクがあるとした。

アナリストは中銀の声明がおおむね予想通りだったと指摘。BMOキャピタルマーケッツのチーフエコノミスト、ダグ・ポーター氏は「経済が予想より良好に推移していると、誰の目にも明らかなことを中銀は改めて確認した。同時に、近い将来に政策変更はないとのメッセージも強調した」と述べた。

マネックス・カナダのシニア外為市場アナリスト、サイモン・ハービー氏は「中銀が市場予測ほど速く、急激に景気支援策を引き揚げないようにみえる」と指摘。ただ「テーパリング(量的緩和縮小)の日程について、4月にも明らかにする可能性がある」とし、「ワクチン接種の進展と入手されるデータが鍵になる」との見方を示した。

*情報を追加します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  4. 4

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  5. 5

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    確定申告を終えたフリーランスのあなたへ 仕事の通信簿を分析する

    常見陽平

    04月16日 09:22

  10. 10

    なぜ日本はワクチン開発に遅れをとったのか

    舛添要一

    04月16日 09:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。