記事
  • ロイター
  • 2021年03月11日 00:50 (配信日時 03月11日 03:06)

米CPI、2月コア指数の伸び落ち着き サービス業の需要低迷


[ワシントン 10日 ロイター] - 米労働省が10日に発表した2月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は、総合指数が底堅く上昇する一方、サービス業の需要低迷などを背景に、食品・エネルギーを除いたコア指数の伸びは引き続き落ち着いた伸びを示した。

しかし、新型コロナウイルスの感染状況が改善し、順調なワクチン接種計画を背景に経済活動の再開が見込まれる中、インフレ率が4月までに米連邦準備理事会(FRB)の目標である2%を超えて上昇することが引き続き予想されている。

コア指数の伸びは前月比で0.1%にとどまり、予想の0.2%を下回ったほか、前年比でも1.3%と、1月の1.4%から鈍化した。

総合指数の伸びは前月比0.4%で、予想と一致。前年比では1.7%と、昨年2月以来の大幅な伸びとなった。ガソリン高が全体の物価を押し上げた。

オックスフォード・エコノミクスの米金融エコノミスト、キャシー・ボスジャンシック氏は「経済再開に伴う一時的な物価上昇やサプライチェーンのボトルネックを引き金とする物価上昇の波及効果によって、コアインフレ指数が春に2.5%に上昇する可能性がある」と予想。「しかし、インフレ加速は一過性で、上昇スパイラルの始まりではないだろう」と述べた。

一方、労働市場に目を向けると、少なくとも1800万人が失業給付を受けるなどスラック(緩み)が目立つ。TDセキュリティーズの米国担当チーフエコノミスト、ジム・オサリバン氏は「すう勢として、労働市場のスラックが今後の物価の重要なけん引要因になる」と指摘した。

内訳では、ガソリンが前月比6.4%上昇。1月も7.4%伸びていた。食品は0.2%上昇。このうち家庭用食品は0.3%、家庭外食品は0.1%の伸びだった。

*情報を追加します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  10. 10

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。