記事
  • ロイター

中国2月新規融資は1.36兆元に減少、予想は上回る


[北京 10日 ロイター] - 中国の2月の新規人民元建て融資は1兆3600億元(2088億6000万ドル)で、前月比で減少した。ただ、アナリスト予想は上回った。中国人民銀行(中央銀行)は景気刺激策により昨年大幅に増加した債務水準を安定させる一方で、急激な政策変更を避け、不振に陥っている小規模企業の支援を続ける方針を示している。

ロイターがまとめたアナリスト調査では、2月の新規融資は9500億元で、過去最高だった1月の3兆5800億元から減少すると予想されていた。前年同月は9057億元。

興業証券のアナリストは「与信が予想を上回った。中銀が抑制しても実際の借り入れ需要は非常に強い」と述べた。

人民銀行は昨年、様々な景気支援措置を講じたが、最優遇貸出金利は昨年5月から据え置いている。人民銀行などの当局は、バブルを警戒し、銀行に融資の圧縮を指示したとされる。

マネーサプライM2伸び率は前年比10.1%で、アナリスト予想の9.4%を上回った。1月は9.4%だった。

<与信は今後減速へ>

2月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.9%増で、1月の12.7%から伸びが加速した。アナリスト予想は12.7%増。

また、銀行融資のほか、新規株式公開、信託会社の融資、債券発行などを含む社会融資総量残高は2月末時点で291兆3600億元(44兆7500億ドル)で、前年比13.3%増加した。同じく1月の13%から伸びが拡大した。

2月の社会融資総量は1兆7100億元で前月の5兆1700億元から減少した。アナリスト予想は9500億元だった。

アナリストは、社会融資総量の伸び率が今年末には11%程度に減速すると予想する。

キャピタル・エコノミクスは「足元の伸び加速は一時的なもので、広義の与信の伸びは近いうちに再び鈍化傾向になる」との見方を示した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  3. 3

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  4. 4

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  5. 5

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  6. 6

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  7. 7

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  8. 8

    支持率が下げ止まるも、参院選広島補選は劣勢。評価が難しい菅政権の浮沈具合【ほぼ雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月13日 09:14

  9. 9

    カンニング竹山の小池都政批判発言ミスはテレビの「YouTube化」が招いたか

    渡邉裕二

    04月13日 11:50

  10. 10

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。