記事
  • ロイター

世界的な気候変動対策、11月のCOP26で弾みを=米気候変動特使


[ブリュッセル 9日 ロイター] - 米バイデン政権で気候変動対策の大統領特使に就任したジョン・ケリー元国務長官は9日、ブリュッセルの欧州連合(EU)本部を訪れ、11月にスコットランドのグラスゴーで開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)で、環境問題に対応するための長期的な行動開始に弾みを付ける必要があると述べた。

ケリー氏は「グラスゴーでの会議は、(地球温暖化対策の国際的な枠組み)『パリ協定』の実現に向け世界が力を合わせるための絶好の機会になる」とし、「2020年代と30年代は行動を起こす時期になると科学者は提唱している」と述べた。

ケリー氏はこの日、欧州委員会のフランス・ティーマーマンス上級副委員長(気候変動対策担当)と、他の温暖化ガス排出国が排出削減に協力するよう、欧米がどのように協力できるかなどについて協議。共同声明で、米国とEUは気候変動対策での提携を新たにし、世界のパートナー国と取り組み強化に向け協力していくと確約した。

温暖化ガス排出量は米国が世界2位、EUが3位。EUは昨年12月、温暖化ガスの純排出量を2030年までに1990年水準から少なくとも55%削減することで合意した。米国は来月、排出削減目標を発表する。

一方、中国が先週発表した5カ年計画について、アナリストは温暖化ガス排出の増加につながると分析。インド、日本、ロシア、ブラジルに対しては一段の削減を確約するよう圧力が高まっている。

*情報を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  4. 4

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  5. 5

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  6. 6

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  7. 7

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    かって1000万部の読売がNYタイムズに抜かれた!

    島田範正

    05月12日 16:30

  10. 10

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。