記事

円高の間にやっておくべきこと

為替がすこし円安に傾いてきている。総選挙で登場する新政権は、民主党時代よりも積極的な金融政策を打ってくるだろうといった期待感で円安というのもちょっと妙なんだが、現に円はドルやユーロに対して安くなっている。

ここで確認しておきたいのは、円をどうのこうの言っているのは日本人1億2680万人の間だけということ。日本人以外の地球上69億人にとって円は単なる投資対象のひとつでしかない。買って儲かると思えば買ってくるし、売りで稼げると判断すれば売ってくる。他にたとえば金など、より儲かりそうなものがあればそちらに行ってしまう。

マーケットは力の世界だから、1億余の日本人が必死に守ろうとする円の価値観など、69億人の儲かるかどうかの動きには太刀打ちできるわけもなく、瞬時に蹂躙されてしまう。まして、為替はマージャンと同じゼロサムゲームだから、全部を合わせると必ずゼロになる。つまり、円が買われればその相方としてドルやユーロが売られるし、ドルが独歩高して円やユーロが売られるということになる。

この数年の円高も、円が買われる状況にはこれっぽっちもなかった。とはいえ、あれだけ派手にユーロやドルが売られたら、もう否応なしに円は高くなってしまう。その円高に輸出企業は苦しんだし、マスコミは円安介入を訴えた。それでも、どうにもならなかった。なにしろ、世界はユーロやドルを持ちたくないという判断に傾いていたのだから。

要するに、為替がどう振れるかは日本の状況がどうのこうのなんて、まったくの無視である。世界のマネーがどう動くかによって、円高にもなれば円安にもなる。よく、専門家などが円は大暴落するとご託宣を並べるが、それはドルやユーロの大暴騰を意味するわけで、果たして米国や EU 政府あるいは世界のマネーが認めるかどうか。もちろん、円を売って儲かりそうと判断すれば、世界の投機マネーは動く。

どう転がるか知れたものではない為替相場など横へ置いてしまって、円高なら円高の時にやっておいたほうが有利なことを、どんどんやっておくに限る。海外のもが安く買えるのだから、資源権益だろうと企業だろうと、いずれ必要なものは片っ端から買ってしまえばいい。その結果として円が安くなっても、世界は何の文句も言わない。

マスコミや専門家が主張する円安介入を下手にやったところで、世界の反発を招くだけのこと。まして、円売りドル買いでどっさり買ったドルで、米国債を買い増しするなんて愚の骨頂である。10年物で1.6%台の利回りでしかないし、世界的にも国債バブルがささやかれている折、わざわざ損をしに行くようなもの。

為替は軽々しく考えないことだ。それよりも、円高の間に将来の利益につながる行動をたっぷりやっておこう。これも、長期投資の考え方である。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

  10. 10

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。