記事

人気脚本家が明かす「コロナ禍に向くドラマ、難しいドラマ」

美女たちの顔が見られないのも視聴者には残念(梅ちゃん先生の制作発表会=時事)

 コロナはドラマや映画にも大きな影響を与えている。撮影現場での感染防止が課題になることはもちろん、表現内容に関しても、例えば「3密シーン」や「口角泡を飛ばす激論」などは、読者に不安感や違和感を与える可能性がある。昨年放送された『半沢直樹』などは、登場人物が顔と顔をくっつくほど近づけて怒鳴り合うシーンも見せどころのひとつだが、制作スタッフがコロナ感染して放送が延期されたり、エキストラがロケ現場の3密を告発するなど、現場の混乱が作品内容とリンクして物議をかもしてしまった例もある。

【写真】たしかに「只野仁」がマスクで格闘するシーンはサマにならないかも

『週刊ポスト』(3月8日発売号)では、エンタメ業界やアートの世界にコロナがどのような影響を与えているかを各界の第一人者の証言で報じている。そこにも登場した脚本家で映画監督の尾崎将也氏に、改めてコロナのリアルとフィクションの関係について聞いた。尾崎氏が脚本を担当した作品には、『アットホーム・ダッド』『結婚できない男』『特命係長 只野仁』『梅ちゃん先生』などヒット作品が多数。週刊ポストでは、今月放送予定の『東京地検の男』における取り調べシーンの逸話や、コロナ禍でラブシーンをどう描くべきかについて、プロならではの意見を披露している。脚本家の立場から見ると、やはりコロナ時代に書きやすい作品と書きにくい作品があるようだ。

 * * *
『結婚できない男』のようなコメディであれば、コロナ禍の設定で書いても、それなりにおもしろくできると思います。例えば、「マスクしろ!」とか「3密です!」といったセリフをギャグとして自然に取り入れやすいですし、好きじゃない異性に言い寄られるシーンならば、「ソーシャル・ディスタンスが必要ですよ」と言い訳して距離を取るとかね。コメディであれば、新しい生活スタイルや言葉を逆手にとって演出に使うのもアリだと思います。
 コロナ禍を真正面から捉えた医療ドラマなども、コロナ禍を活かしやすいジャンルと言えるでしょうね。

 一方で、学園ものは描きにくくなっていると思います。教室に生徒が30人いる状況は3密そのものですが、だからといって他の生徒がいなければ不自然になってしまうから、制作サイドが「今はちょっとやめておこう」という判断になりやすいと思います。学園ものに代表される日常生活を描いたドラマの多くは、コロナ禍を反映させにくいですね。同じ空間に複数の人物が必要ですし、人間関係を描くには3密でないとおかしい場面もあるから、制作現場が大変になります。

 コロナ禍を前提にすると世界観がおかしなことになってしまうジャンルもあります。ヤクザもので、ヤクザがみんなマスクをしていたら世界観ぶち壊しですよ。マスクしたヤクザが「ぶっ殺すぞ、こら!」とすごんでも格好つかない。ラブロマンス作品で、マスクをしても成立する世界観を作るのも簡単ではないでしょうね。

 コロナによって注目された作品としては、『アウトブレイク』(1995年公開)や『コンテイジョン』(2011年公開)など、ウイルスのパンデミックをテーマにした映画がありました。フィクションではパンデミックがどう描かれていたか気になるのは当然でしょうが、こうした作品では、たいていウイルスは「感染したら致死率100%」という設定になっています。極端な設定だからこそエンターテインメントになるわけです。しかし、いまや実際にパンデミックを経験した私たちから見ると、「これはちょっと極端すぎる」「現実はそんなんじゃないよ」と感じることもあります。もしかすると、こういう映画はむしろ作るのが難しくなるかもしれません。

 いずれにしても、コロナが影響しているのはドラマの内容より制作現場です。コロナ対策をしながら撮影することはとても大変で、これまで一日に5シーン撮れていたものが4シーンしか撮れないなんてことはよくあるようです。予算が豊富なテレビドラマなら、しっかり対策しながら進めることもできるでしょうが、低予算映画などはすごく苦労しています。僕も昨年、そういう作品をひとつ予定していたのですが、1年延期せざるを得ませんでした。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  4. 4

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  5. 5

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    「まだ気を緩めるな」マスコミや専門家はいつまで"コロナ禍"を煽り続けるのか

    PRESIDENT Online

    06月23日 15:11

  10. 10

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。