記事
  • SmartFLASH

福原愛、不倫騒動で『モニタリング』出演ドタキャン! 潰えた“本格タレント転身”の野望

2019年11月、都内の和菓子店でまんじゅうを60個も購入した福原。「夫と台湾スイーツ店を開くのが夢」と周囲に語っていた

「福原さんが仕掛人役で登場する予定でしたが、ドタキャンになったようです。共演予定の大物アスリートにも撮影中止の連絡をしなければならず、現場はバタバタでした」

 そう語るのは、芸能事務所の関係者だ。福原愛(32)が出演予定だった番組は、『ニンゲン観察バラエティ「モニタリング」』(TBS系)。3月4日に予定されていたロケは、福原が卓球素人の一般人に扮し、大物アスリートと卓球で対戦するというもの。最初は下手に見せかけていた福原が、突然本気を出すことで、出演者を驚かせる内容だったという。

 撮影の中止は、ロケ前日の3月3日に決まったという。原因は、2つの週刊誌が報じた、福原のスキャンダルだった。

『週刊文春』が報じたのは、“福原と親しい友人” が語る体のものだ。記事によると福原は、夫・江宏傑(32)から過剰な束縛や暴言を浴びせられるなどのモラハラを受けており、江の家族ともうまくいっておらず、ついに離婚を決意したという。

「『週刊文春』の記事だけなら、あくまで福原さんは “モラハラの被害者” なので、『モニタリング』出演も予定どおりだったはず。むしろあの記事は、彼女への同情を集め、注目度も高めるいい宣伝になったでしょう」(前出・芸能事務所関係者)

 一方、『週刊文春』と同日に発売された『女性セブン』は、福原の不倫疑惑を報じるものだった。2021年2月に単身、帰国していた福原が、大谷翔平似の男性と横浜中華街でデートを楽しみ、高級ホテルで一泊したという内容だ。福原は直筆メッセージで、「一緒の部屋に宿泊した事実はありません」と否定したが……。

「不倫疑惑があるなかでの出演は、さすがにNG。たとえ撮影できても、スポンサーを納得させることができず、結局、お蔵入りになったでしょう。『前日に中止できてよかった』というスタッフもいます」(同前)

 番組のドタキャンについて、福原とTBSに確認したが、期日までに回答はなかった。ある芸能記者は、福原が2021年、日本で本格的にタレント活動を始める予定だったと語る。

「そのため彼女は、2021年1月に自身が代表取締役を務める『株式会社omusubi』を設立しています。今までは、福原がテレビ番組に登場するのは、卓球の解説ぐらいでした。この会社を通じ、バラエティ番組などに進出するつもりだったのでしょう」

“モラハラ被害妻” が、台湾から日本へ避難し、好感度タレントとしてバラエティで活躍する――。そんな福原の野望は、不倫報道で、もろくも崩れ去ってしまった。

「いまさら『理想の夫婦』に戻れるわけがないです。さっさと離婚して、事態を収拾させるべきです。メダリストとしての福原の需要が高まる東京五輪までには、決着させたいですが……」(スポーツ紙記者)

 しかし、福原と江のあいだには2人の子供がいる。また福原の母・千代さんも台湾に居住したままだ。離婚には、多くの障壁が待っている。国際離婚に詳しい弁護士は、こう話す。

「離婚調停をする場合、日本でやるのか台湾でやるのかで、適用される法律が変わります。台湾は、子供の連れ去りを禁止する『ハーグ条約』の締約国ではないので、福原さんが子供を連れて日本に帰ってしまえば、江さんができることは少ない。しかし、倫理的に福原さんへの批判は免れないです。

 いずれにせよ、日本人同士の離婚調停よりも、複雑で時間がかかるのは間違いないです」

 前途多難な状況に追い込まれた福原だが、意外にも卓球大国・中国では、台湾への対抗意識もあってか、彼女にエールを送る声があふれているという。上海在住のライター・もがき三太郎氏が話す。

「不倫疑惑は連日報じられていますが、SNSでは徹頭徹尾、愛ちゃん応援の大合唱です。謝罪コメントが出ても『愛ちゃんが、なぜ謝る?』『結婚に失敗しても、愛ちゃんは愛ちゃんだ』と熱い応援メッセージが飛び交っていますよ」

 台湾も日本も厳しいなか、中国芸能界に活路を求めることになる?

(週刊FLASH 2021年3月23日号)

あわせて読みたい

「福原愛」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  3. 3

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  6. 6

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  9. 9

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  10. 10

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。