記事
  • ロイター

街角景気、10ポイント超の改善 持ち直し顕著も昨年秋には届かず


[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日発表した2月の景気ウオッチャー調査で景気の現状判断DIは41.3となり、前月から10.1ポイントと大幅上昇し、4カ月ぶりの改善となった。家計、企業、雇用とも年末年始から動きが活発になり、2月も3分野全てでDIが上昇した。ただ、DIは12月、1月の30台からは上昇したとはいえ、昨年11月の水準は回復しておらず、依然として活動水準は低い。

内閣府は、景気ウオッチャー調査の判断の表現を新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる」として、前月の「このところ弱まっている」から上方修正した。

家計動向関連では「緊急事態宣言は継続中であるが、1月と比べて若干改善傾向にある。売り上げが前年比で7割程度に戻っている」(東海・コンビニ)といった声がある。また「食品の物産催事やバレンタインの企画等は高額品から品薄となり、自分へのごほうび需要が顕著にみられる」(北陸=百貨店)など、緩やかな回復傾向がうかがえる。

企業活動では「自動車関連や建設機械関連等で、堅調な受注を維持している」(北関東・一般機械器具製造業)など、生産活動が一定水準を維持しているもよう。

ただ一方で「2回目の緊急事態宣言が出てから、店舗の閉店が増えている。賃料の減額要求もきており、景気が悪くなっていると感じる(近畿・不動産業)と、業種によっては厳しい状況はあるようだ。

先行きについては、内閣府は判断を「感染症の動向を懸念しつつも、持ち直しが続くとみている」とした。

「新型コロナウイルスワクチンの接種が始まることで、少しずつ人の流れが出てくるのではないかと期待している」(北海道・タクシー運転手)など、期待感は大きい。緊急事態宣言の解除後を見据えて「今よりも来客数が増える。ステイホームでのストレスが発散され、購買意欲は更に高まると感じる」(近畿・家電量販店)との声も出ている。

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。

https://www5.cao.go.jp/keizai3/watcher_index.html

(中川泉 編集:田中志保)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  4. 4

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  5. 5

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  6. 6

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  7. 7

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  8. 8

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  9. 9

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  10. 10

    吉村知事よ、北新地の悲鳴を聞け!「もう今が限界ですわ。お店も言うこときかなくなってくる」

    NEWSポストセブン

    05月09日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。