記事

間もなく10年が過ぎてしまうよ

東日本大震災で、あのおぞましい福島の原発事故が発生し、今週で10年となる。

福島県民のみならず国民の間では、原発事故の恐ろしさや汚染問題を、嫌というほど思い知らされた。

それで、一般世論は脱原発の方向へどんどん傾いていっている感がある。

ところが、その間も日本のエネルギー政策は、原発の安全性確認と再稼働にずっと焦点をあて続けた。

国や産業界からすると、日本の電力供給で準国産エネルギーとして、原発の果たす役割を強く象徴してやまない。

なによりも、エネルギー資源の安定的な確保という意味では、原油やLNGなどよりもウランの方がはるかに安心できる。

そんなわけで、脱原発かエネルギー資源の安定供給かで、民意と国や産業界とでは意見が大きく隔たっている。

ここでは、どちらの意見に与するかは、横へ置くとしよう。 問題は、その二者択一で思考停止していること。

とりわけ国のエネルギー政策が、原発の安全性確認を急いで再稼働に漕ぎつけることに、こだわりすぎている点だ。

それ以外のエネルギー源について、日本はこの10年間というもの、ほとんど何もしてこなかった。

その間に、たとえば風力発電でみると、ドイツはもちろんのこと米国や中国でも、すさまじい勢いで普及が進んだ。

地形や風の安定性から、日本は適地が少ない。 海の遠浅が限られているので、着床式の洋上風力も難しい。

だから原発に頼るしかないといった論理でもって、風力発電の開発普及にブレーキをかけてきたきらいがある。

しかし、無為に過ごした10年間に、世界では風力発電という産業が驚くほどに巨大化していった。

そして、いまや風力発電は浮体式の洋上発電にシフトしようとしている。 風力も陸地の2~4倍も強いし、風も安定している。

浮体式なら、四方を海に囲まれた日本は圧倒的に有利である。 ところが、日本のメーカーはどこも手を引いてしまった。

漁業権の調整や、洋上で発電した電気の送電問題で、国のバックアップがそれほど期待できないからだ。

かつては太陽光発電といえば、世界の50%以上を抑えていた日本メーカーだが、ほとんど脱落してしまった。

代わって、中国企業が太陽光発電の分野でいまや世界を制覇するに至っている。

最大の要因は、FITと呼ばれる太陽光発電の買い取り価格を高く設定しすぎたことだ。

それに安穏としていた日本メーカーは価格競争力で韓国、そして中国メーカーに大きく引き離されてしまった。

今度は風力発電で、日本は世界の後塵を拝そうとしている。 再生可能エネルギーの開発普及に国の強い姿勢があれば、と強く残念に思う。

浮体式の洋上風力発電という、これからのビッグビジネスで大きなチャンスをものにできるのに。

あわせて読みたい

「風力発電」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    DHCなどを“実名報道”のNHK 民放にはできない“攻める”ニュースの意義を考える

    水島宏明

    04月09日 21:59

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  4. 4

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  5. 5

    東大京大生ってどうしてそんなにコンサルになりたがってるの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    04月09日 08:17

  6. 6

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  7. 7

    売れ行き好調で一時出荷停止の「生ジョッキ缶」 メルカリで転売相次ぐも“違法”のケースも

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 17:24

  8. 8

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

  9. 9

    認定取消されなかったフジHDと東北新社の違い 外資規制違反の状態でも抜け道?

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 16:47

  10. 10

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。