記事

台湾が新型コロナ封じ込めに成功した3つの理由 天才IT大臣オードリー・タン氏が語る

1/2

2016年に台湾史上最年少の35歳で入閣した台湾デジタル担当大臣のオードリー・タン(唐鳳)氏。最近では、台湾における新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)対策を成功に導いた立役者として注目を浴びている。

ネットアップ合同会社は2月25日、マルチクラウド環境のデータ活用やデータ管理の最新情報などを紹介するイベント「NetApp INSIGHT Japan 2021」を開催した。本イベントでは台湾IT担当大臣(政務委員)のオードリー・タン氏による基調講演「デジタルを駆使したコロナ対策の最前線、及びDXを推進するためのポイント」が実施された。

オードリー・タン氏は基調講演の冒頭で、ソーシャルイノベーションの三本柱は「素早く」「公平に」「楽しく」であると述べた。台湾が新型コロナウイルス感染症対策に成功したのは、この三本柱を重要視したからだと考えられる。

この記事では「素早く」「公平に」「楽しく」の3つのキーワードを軸に、台湾が新型コロナウイルス感染症の感染拡大の封じ込めに成功した3つの理由を紹介していきたい。まずは「素早く」からだ。

投稿の翌日に乗客全員の検疫開始「台湾の人たちを救った」

オードリー・タン氏によると、「素早く」は集合知に基づくスピード感のある取り組みを意味するという。

たとえば、台湾には「PTT」という投稿サイトがある。2019年12月、台湾の若い医師が武漢の李医師による内部告発を投稿した。投稿には「武漢の海鮮市場で新型SARSが7件発症」と書かれていたという。この投稿の翌日、2020年1月1日には、台湾は武漢から到着する乗客全員の検疫を開始した。

オードリー・タン氏は「李医師は間違いなく、台湾の人たちを救いました」と語る。若き医師を含むPTTの投稿者たちは、オードリー・タン氏が指摘する集合知の促進に貢献していると言えるだろう。

また、このようなスピーディな対応は市民へのまなざしにもおよぶ。中央感染症指揮センター 本部長の陳時中氏は毎日、定例記者会見を生配信し、市民からのアイデアを取り上げた。

なかでも、2020年4月に起きたエピソードは有名だ。ある男の子がホットラインに「クラスの男子は全員、青色のマスクを着けているのに、配給されたマスクはピンク色。それを着けて登校したくない」と相談した。その翌日の会見では、このようなジェンダーバイアスを打ち消すため、スタッフ全員がピンク色のマスクで記者会見に臨んだのだ。このスピード感は特筆すべきだろう。

オードリー・タン氏は本対応について、「ジェンダー平等と連帯をアピールするだけでなく、コロナ対策本部に改善要望があれば、誰でも提案ができることを知ってもらう良い機会になりました」と振り返っている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  6. 6

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  7. 7

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  10. 10

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。