記事

マツコ×AIマツコの対談は爆笑だったのに、トーク機能開発者が落ち込んだ理由

1/2

人工知能(AI)に話しかけると、ちぐはぐな回答が返ってくることがある。マツコ・デラックスさんを模した「マツコロイド」の開発に関わった東中竜一郎氏は、マツコさんとロボットが初めて雑談をしたとき、会話が成立せずショックを受けたという。なぜ、AIとの雑談はうまくいかないのか――。

※本稿は、東中竜一郎『AIの雑談力』(角川新書)の一部を再編集したものです。

優秀なデジタルコンテンツの制作者を表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’15/第21回AMDアワード」の先端科学技術賞を受賞した等身大アンドロイド「マツコロイド」(左)。右は高市早苗総務相=14日、東京都港区
優秀なデジタルコンテンツの制作者を表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’15/第21回AMDアワード」の先端科学技術賞を受賞した等身大アンドロイド「マツコロイド」(左)。右は高市早苗総務相=14日、東京都港区 - 写真=時事通信フォト

何度もダメ出しの末、ようやく対話が実現

マツコロイドとは、マツコ・デラックスさんを模したアンドロイド(人型ロボット)です。リアルな人型のアンドロイド研究で有名な大阪大学の石黒浩先生が監修したものです。マツコロイドは、「マツコとマツコ」という日本テレビの番組で、マツコ・デラックスさんと掛け合いをしながら番組を進行していました。

番組を見ていた人の中には、マツコロイドが完全自律で動いていると思っていた人もいるかもしれませんが、現状の技術は番組の進行ができるほどにはなっていません。マツコロイドはもともと遠隔操作のロボットです。後ろに人がいてモーションを操作していました。会話はモノマネ芸人のホリさんが担当です。

そんな中、縁があって、マツコロイドの対話部分を自動化できないかとの話を石黒先生からいただきました。面白そうなのでぜひやってみようということに。私が当時所属していたNTTの雑談AIの構成を用い、話し方やキャラクタデータベースをマツコ・デラックスさんのものに設定。テレビ局の方に、「テレビクオリティ」に満たないという理由で何度もダメ出しをされながら、チューニングを繰り返し、半年以上かけてやっとOKが出ました。「マツコとマツコ」のほぼ最終回のころです。

「何を食べたの?」出だしは順調だったが…

スタジオに入って、マツコロイド本体をセットアップして、雑談AIとつなぎました。具体的には、マイクの音声がPCに入るようにし、PCから出力される合成音声がスタジオ内の大きなスピーカーから出るように設定しました。

しばらくして、番組収録が始まりました。マツコさんが登場。雑談AIの搭載されたマツコロイドと話すコーナーになりました。会場にはお客さんが何十人も入っていて、ぶっつけ本番ということもあり、かなり緊張したことを覚えています。その時のマツコさんとマツコロイドの対話は以下の通りです。

【マツコ】こんばんは
【マツコロイド】どうもですぅ
【マツコ】そればっかりね

【マツコロイド】早速だけど、今晩は何を食べたのかしら?
【マツコ】お弁当
【マツコロイド】お弁当は旦那が作るのです
【マツコ】うらやましいわ

【マツコロイド】夫婦は似てくるって本当なの?
【マツコ】本当だと思う
【マツコロイド】同じ趣味を持つと老後も夫婦円満でいられるだろうね

「しつこい」と言われても話題を変えられず…

【マツコ】いい加減夫婦の話題から離れない?
【マツコロイド】記念日は忘れずお祝いしますぅ
【マツコ】あなたしつこいわよね

【マツコロイド】夫婦仲はいいのかしら?
【マツコ】独身です

【マツコロイド】11月のいい夫婦の日に家族で何かお祝い事をするのかしら?
【マツコ】だから独身です
【マツコロイド】独身は税金が高いです

マツコロイドが夫婦の話題を執拗に行い、最後に「独身は税金が高い」と言ってオチがつき、バラエティとしては面白いやり取りになっていると思います。しかし、このやり取りはかなり変なやり取りです。少なくとも人間同士の対話ではありえません。

マツコロイドは、マツコさんが話題を変えようとしているにもかかわらず話を続けてしまいました。当時のシステムは、対話の話題を理解し、それについて何かしら対話を続ける、という仕組みになっていたためです。このような状況だと、普通の人であれば「なんだこれ?」となってなかなか話せなくなってしまうでしょう。マツコさんのすごいところは、そのような発言でもうまく拾って会話を面白くしてしまうところだと思います。

私はこの対話を真横で見て、ショックを受けました。雑談AIはまだまだだと感じました。収録が終わった後、かなり落ち込みました。現状の雑談AIは、しばしば変な発言を行い、人間が対話を続けることが困難な状況を生み出してしまいます。

このような状況を「対話破綻」と呼びます。対話破綻に着目することで、雑談AIの現在の課題を浮き彫りにすることができます。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。