記事
  • ロイター

米、アフガン駐留米軍巡り「あらゆる選択肢検討」


[ワシントン 7日 ロイター] - 米政府は7日、アフガニスタンに現在も駐留している米軍兵士2500人に関し、あらゆる選択肢を引き続き検討していると表明した。5月1日以降の駐留方針については何の決定も下されていないとした。

アフガンの反政府武装勢力タリバンと米国が昨年結んだ和平合意は4月末が駐留米軍の撤退期限としている。報道によると、ブリンケン米国務長官は国連主導のアフガン和平への取り組みを改めて迫り、5月1日までのアフガン駐留米軍の撤退を検討していると警告した。

アフガンメディアのトロニュースによると、ブリンケン氏はガニ・アフガン大統領への書簡で米国は「他の選択肢の検討と並行して、5月1日までの軍の完全撤退を検討している」と表明。米紙ニューヨーク・タイムズが内容を確認した。

国務省の報道官は報じられた書簡の真偽確認は控え、米国は「5月1日以降の軍のアフガン駐留についていかなる決定も下していない。あらゆる選択肢がなお検討対象だ」とコメントした。

書簡は、米国が「根本的な事態の進展を図り、紛争解決や恒久的・包括的停戦を早期に実現するために」高官レベルでの外交的取り込みを求めていると説明。

その上で、アフガン和平を後押しする統一のアプローチを協議するため、国連に対しロシア、中国、パキスタン、イラン、インド、米国の外相および特使による会合を開催するよう求める考えを示した。

さらに、トルコに対し、「和平合意を最終決定するために数週間内に双方による」高官級会合を開催するよう求めるとした。

ブリンケン氏は書簡で、この提案はタリバンが春に攻勢を強めるのを防ぐ狙いがあると説明。米軍が撤退した場合、「治安状況が悪化し、タリバンが急速に支配地域を広げる可能性がある」と懸念しているとし、ガニ氏がこの訴えの緊急性を理解するよう望むと続けた。

ガニ氏は6日、タリバンとの和平交渉を推進するために、政府として新たな選挙の実施について協議する用意があると表明。ガニ氏はまた、米国のハリルザド・アフガン和平担当特別代表と首都カブールで先週会談し、カタールで行われているタリバン側との和平交渉を活性化する道筋について話し合った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自粛はもう限界 公園飲みにも一分の理

    田中龍作

    05月13日 08:22

  2. 2

    やはり内部告発の威力はスゴイ(がんこ寿司、スギHD)

    山口利昭

    05月13日 09:04

  3. 3

    池江璃花子の「何も変えることができません」は本当か 選手の政治的アピールの歴史

    Dr-Seton

    05月13日 08:07

  4. 4

    ワクチン2回接種で変異株は抑えられる?横浜市立大学の研究結果に医師「安心」

    中村ゆきつぐ

    05月13日 08:47

  5. 5

    顔出し引退宣言は実験の1つ、オリラジ中田敦彦の「前言撤回力」

    放送作家の徹夜は2日まで

    05月13日 08:03

  6. 6

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  7. 7

    新車供給追いつかず中古自動車の需要が急伸 アメリカ自動車業界の「ないものねだり」

    ヒロ

    05月13日 10:52

  8. 8

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  9. 9

    後手に回る水際対策。オリパラに配慮?精神論と楽観論と悲観論が入り交じる意思決定

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月13日 09:05

  10. 10

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。