記事
  • ロイター
  • 2021年03月08日 10:35 (配信日時 03月08日 12:46)

原油先物が2%超上昇、ブレントはコロナ流行後初の70ドル台


[シンガポール 8日 ロイター] - 8日の原油先物は2%超上昇。北海ブレント原油先物は新型コロナウイルス流行が始まって以来初めて1バレル=70ドルを上回った。米原油先物は2年強ぶりの高値を付けた。サウジアラビアの石油施設が攻撃を受けたとの報道が手掛かりとなった。

0255GMT(日本時間午前11時55分)時点で、北海ブレント原油先物5月限は1.75ドル(2.5%)高の1バレル=71.11ドル。アジア時間序盤には一時、昨年1月8日以来の高値となる71.38ドルを付けた。

米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物4月限は1.60ドル(2.4%)高の1バレル=67.69ドル。一時は2018年10月以来の高値となる67.98ドルを付けた。

Axiのチーフグローバル市場ストラテジスト、スティーブン・イネス氏はノートで「今朝の原油価格はサウジの石油施設と軍事基地ヘの攻撃を受けて上昇している」と指摘した。

イエメンの親イラン武装組織フーシ派が7日、サウジアラビアのラスタヌラにある国営石油会社サウジアラムコの主要輸出施設など、同国の石油産業の中心地に向けてドローン(無人機)やミサイルを発射した。サウジ政府は、世界のエネルギー安全保障に対する失敗した攻撃と非難した。

INGのアナリストはリポートで今回の攻撃について、4日にサウジのジッダで起きた攻撃に続いて今月に入って2件目だとし、「こうした攻撃の頻度が増していることから、市場はおそらく何らかのリスクプレミアムを織り込む必要があり、短期的に価格がさらに上振れる可能性がある」と指摘した。

ブレントとWTIは、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国でつくる「OPECプラス」が協調減産を4月まで1カ月延長すると合意したことを受け、4営業日続伸している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  2. 2

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  3. 3

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  7. 7

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  8. 8

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  9. 9

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  10. 10

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。