記事
  • ロイター

イエメンのフーシ派、サウジ石油産業拠点にミサイル・無人機攻撃

[サヌア 7日 ロイター] - イエメンの親イラン武装組織フーシ派が7日、サウジアラビアのラスタヌラにある国営石油会社サウジアラムコの主要輸出施設など、同国の石油産業の中心地に向けてドローン(無人機)やミサイルを発射した。サウジ政府は、世界のエネルギー安全保障に対する失敗した攻撃と非難した。

サウジ主導の連合軍と6年にわたり戦闘を続けているフーシ派は、サウジの都市ダンマン、アシル、ジャザンにある軍事標的にも攻撃を行ったことを明らかにした。

フーシ派の報道官は7日、「サウジ中心部における広範な作戦」でドローン14機と弾道ミサイル8発を発射したと発表した。

サウジのエネルギー省によると、製油所や世界最大のオフショア石油積み出し施設を擁するラスタヌラで、石油貯蔵施設が海上から飛来したドローン1機の攻撃を受けた。国防省によると、このドローンはターゲットに到達する前に迎撃され、破壊された。

また、ダーランにあるアラムコの居住施設付近に弾道ミサイルの破片が落下したが、いずれの攻撃でも負傷者や物的損害は出ていないという。

軍の報道官は国営メディアへの声明で「このような破壊行為はサウジアラビアだけでなく、世界に対するエネルギー供給の安全保障と安定、ひいては世界経済を標的にした攻撃だ」と非難した。

サウジ主導の連合軍はこれより先、「民間のターゲット」を狙った武装ドローン12機と、ジャザンに向けて発射された弾道ミサイル2発を迎撃したと明らかにしていた。ドローンの標的について具体的な地名には触れなかった。

7日の攻撃では、アラムコの生産・輸出施設の大部分がある東部州の湾岸が標的となった。今回攻撃を受けた施設からわずか数キロの場所では、2019年に石油施設がミサイルやドローンの攻撃を受け、サウジが原油生産の半分以上の一時停止を強いられた結果、原油価格の急上昇につながった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  6. 6

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  7. 7

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  8. 8

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  9. 9

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  10. 10

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。