記事

コロナでドラマはどう作る? 『共演NG』演出家・大根仁「ホテルと空港が舞台だったワケ」

これがリアルだが、フィクションの作り方は作り手の考え方次第(AFP=時事)

 この1年、コロナは生活のありとあらゆる場面に影響を及ぼして、良くも悪くも「新しい生活様式」を人々に強いてきた。悪いほうの影響としては、「マスク警察」に代表される自粛の強要が挙げられる。公共の場でマスクをすることはマナーとして当然だし定着もしているが、健康上の理由でマスクをできない人に対して、あるいはマスクの必要がないような場所であっても、「マスクしろ」と脅す事例が相次いでいる。

ついには「ウレタンマスク警察」まで登場し、不織布マスクに比べて飛沫防止機能が劣るという理由で、ウレタンマスクをしている人たちを非難する。ルールを守って営業する飲食店に「店閉めろ」といった嫌がらせをする輩も後を絶たない。

【写真】学園ものドラマも全員マスクでは描きにくくなるかもしれない

 コロナ対策に敏感な世論を気にせざるを得ないのはエンタメ業界やアートの世界も例外ではない。『週刊ポスト』(3月8日発売号)では、コロナ時代の表現活動の難しさを各界の第一人者たちが告白している。誌面の都合で紹介しきれなかった各氏の貴重な声をNEWSポストセブン読者にお届けする。

 演出家で映画監督でもある大根仁氏は、一昨年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』や、昨年テレビ東京系列でヒットしたドラマ『共演NG』など人気作品で演出や脚本を担当した。フィクションの世界にも、コロナの影響は確実に広がっていることを明かす。

 * * *

 昨年からは、現代を舞台にした作品ではコロナ禍をどう映像化するか考えざるを得ないのが現実です。表現上の問題もあるし、制作上の制約もあります。撮影に関しては、「こういう状況だから難しいだろう」というシーンはあらかじめ外しています。

例えば、公共施設や病院での撮影は非常に難しいので、それらはスタジオ撮影にしています。逆に、空港やホテルは普段に比べて人がいなくて使いやすいので、そうした場所を舞台に選びました。

※『共演NG』の第1話ではホテルで制作発表が行われるシーンがあり、最終話のラストシーンは空港だった。

 現場で急遽、脚本の設定を変更するような事態はありませんでしたね。現場はプロフェッショナルの集団ですから、常にいろんなことを想定しています。

トラブルが起きることももちろんありますが、起こりそうなことにはあらかじめ予防線を張っておくというのは、コロナがあっても平時でも当たり前のことです。その点では、僕の場合はコロナが作品に悪影響を与えたとは感じていません。

『共演NG』はテレビ業界が舞台でしたから、あまり現実とかけ離れていてはおかしい。かといって、全員がマスクやフェイスシールドをしているのでは、見ているほうも息苦しくなってしまいます。

ドラマ撮影にはテレビ局が決めたガイドラインがあるので、一応それに準じてやりましたが、「登場人物は全員マスクをすべし」とまでは書いていないから、そこは極端にしすぎないようにしました。フィクションはあくまでフィクションですし、ガイドラインは撮影方法に対するものであって、撮影内容に対するものではありませんしね。そういう意味では、テレビ局もフィクションの世界を守っています。

 僕はコロナの影響をそんなに受けたと思っていませんが、いまはメディアも自家中毒というか、ちょっと過敏になりすぎて自分の足を自分で縛っているような部分がなきにしもあらずと感じます。メディアの報道に煽られる人は必ずいますから。

SNSをはじめ、制作現場にも視聴者やいろいろな人の声が届きやすい時代ですから、それを全く気にするなというのは難しいでしょう。でも、それらにいちいち反応していては、おもしろいものは作れなくなります。作品とコロナ禍を全く切り離して考えるというわけではありませんが、過剰に反応することはないように意識してやっています。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  3. 3

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  4. 4

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  5. 5

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  10. 10

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。