記事

『離婚』女性にとっての理不尽

 弁護士の最所です。

 『離婚』した場合、女性側は、経済的に非常に苦しい立場に立たされます。特に、幼い子どもを抱えた中で、フルタイムで働くことは非常に難しく、働くにしても、時短勤務とならざるをえません。もともと、男女間に、現実として賃金格差があることに加え、出産、育児で、以前勤務した会社を退職したような場合の再就職は極めて困難です。

 そのため、多くの人は、非正規のパートタイム労働に就かざるを得ないというのが実情です。

 私の感覚として、月の収入は、手取りで12万円~14万円程度。これが、むしろ通常のケースだと思います。このケースで、男性側の収入が年収で400万から500万くらいだとすると、子ども1人のケースで4万から6万円が養育費の金額になります。

 適切に養育費が支払われれば、手取りで16万から18万くらい、児童扶養手当等を含めて、ようやく20万円くらいです。

 これで生活していくこと自体、大変なのですが、一度も養育費を受け取ったことがないという母子家庭が約6割も存在しています。

 そんな状況の中で、有責配偶者の側が、早期に離婚を成立させるために(※有責配偶者からの離婚請求は原則として否定されます。)通常よりも高めの養育費で合意して(※これなら何とかギリギリ生活できるかも知れないと期待して離婚に応じるケースもあります。)離婚を成立させ、その後に、収入の減少を理由に養育費の減額を申し立てるというケースも現実にはあります。

 特に、転職することが前提となっていたような場合に、その事実を秘して、離婚を先行させ、転職による収入の減少を理由に、養育費の減額を申し立てるような場合などは、女性の側は、当初あてにしていた離婚後の生活設計が白紙となってしまいます。

 しかも、まだ、それでも支払われれば良いのですが、支払がなされない場合には、勤務先が明らかであればともかく、自営業者等で、そもそも収入実態がつかめないような場合には、差押を行うことも困難です。

 そういった状況を目の当たりにしていると、『法の実効性』の観点からも、養育費不払に関するペナルティは、早期に導入すべきだというのが、率直な想いです。

あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  4. 4

    与野党ともにしれっと通したい「国家公務員定年延長法案」、山積する問題点を見逃すな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月22日 09:37

  5. 5

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  6. 6

    原告側の敗訴となった慰安婦訴訟 日韓関係に変化をもたらすか

    ヒロ

    04月22日 10:37

  7. 7

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  8. 8

    厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

    青山まさゆき

    04月22日 12:19

  9. 9

    パチンコ人口が1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナと厳しい状況続く

    キャリコネニュース

    04月22日 10:11

  10. 10

    米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

    田中龍作

    04月22日 14:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。