記事

香取慎吾、5年ぶり民放ドラマ主演なぜテレ東? 濱谷プロデューサー「僕も聞きたい」

2/2
○■香取慎吾ならではの説得力

——実際に香取さんと組んでみて、すごいなと思ったのはどんなところですか?

香取さんは事前に読み込んだり、入念な役作りを準備して…というタイプではなく、瞬発力やインスピレーションの方だと思います。やはり重要なシーンでの迫力や説得力は、香取さんならでは。香取さんとドラマをやることを発表したら、白石和彌監督から「彼は天才ですから」というLINEが来て、香取さんに対するリスペクトが伝わってきました。日本を代表する映画監督が才能を褒める、すごい人なんだなと。

ドラマの内容についても、香取さんが「この台詞が引っかかる」と言った時に、その違和感をひもといてみると、構成的に重要なことだったりして、そういうことをポーンと見抜いてくる。香取さんのセンスはやはりすごいなと思いました。



——香取さんと一緒に作り上げていったという感覚は強かったんですね。

準備段階から、香取さんと「こういうキャラクターは、こういう風にしゃべるんじゃないかな」といったお話ができて、今の万丞を作ることができました。香取さん自身、万丞というキャラクターは「打ち合わせでの意見を反映してもらったから演じやすかった」と言っていましたし。香取さんと僕らはこれが初めてのお仕事でしたが、こうして一緒に作り上げていけたのは嬉しかったです。

■濱谷晃一プロデューサー
テレビ東京ドラマ室プロデューサー。バラエティ班として『ピラメキーノ』『シロウト名鑑』などを担当した後に、現職。担当したドラマは『バイプレイヤーズ』『おじさまと猫』『フルーツ宅配便』『コタキ兄弟と四苦八苦』など多岐にわたる。

あわせて読みたい

「香取慎吾」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。