記事

米2月雇用統計は予想上回る増加、飲食業とパートタイムが支え

1/2

Job Growth Surges, Buoyed By Restaurants And Part-Timers.

<本稿のサマリー>

米2月雇用統計は、2月半ばに大寒波が襲い、悪天候により働けなかった労働者は93.9万人と、2月平均の30.9万人を上回ったにも関わらず、大幅に増加しました。とはいえ、質的な労働市場の回復を示すものとは言いづらい内容です。ポイントは、以下の通り。

・NFPが大幅増加も、フルタイムではなくパートタイムが牽引、フルタイムは前月比12.2万人減少、パートタイムは同48.2万人増加
娯楽/宿泊が雇用増を下支え、飲食業がそのうち約8割を占める
不完全失業率は11.1%で横ばい
失業率は低下したが、労働参加率は横ばい
・週当たり労働時間が短縮(寒波による操業停止などが一因か)
・労働者の8割を占める管理職を除いた場合の平均時給は前年同月比5.1%増、管理職を含めた全体の5.3%以下
長期失業者の割合が41.5%、2012年6月以来の高水準

特にパートタイムの増加分がフルタイムを上回っている点は、特筆に値します。また、長期失業率が2012年以来の高水準にある長期失業率を始め、労働市場には歪みが存在することも事実。この辺りは、次回、お伝えしますね。米2月雇用統計の詳細は、以下の通り。

米2月雇用統計・非農業部門就労者数(NFP)は前月比37.9万人増となり、市場予想の18.2万人増を上回った。前月の16.6万人増(4.9万人増から上方修正)を含め、2ヵ月連続で増加。コロナ感染者の減少を受け、1月25日のカリフォルニア州が外出禁止措置を解除したほか、NY市もレストランの店内営業を承認するなど規制が緩和され、サービス業を中心に雇用が回復した格好だ。

20年5月以降、1,288万人の雇用を取り戻した。ただ、同年3~4月の記録的な減少(2,236万人)を回復するにはあと948万人必要となる。

チャート:コロナ禍で失った雇用を取り戻すには、あと948万人増加する必要あり

(作成:My Big Apple NY)

20年12月分の7.9万人の下方修正(22.7万人減→30.6万人減)と合わせ、過去2ヵ月分では合計で3.8万人の上方修正となった。20年12~21年2月の3ヵ月平均は8.0万人増にとどまり、コロナ禍前の2019年平均である16.8万人増を大幅に下回った。

NFPの内訳をみると、民間就労者数は前月比46.5万人増と市場予想の19.5万人増を大幅に上回った。前月の0.9万人増(0.6万人増から上方修正)を含め、2ヵ月連続で増加した。民間サービス業が51.3万人増と牽引し、ヘッドライン同様に前月の10.4万人増(1.0万人増から上方修正)を上回るペースとなった。

チャート:NFPは2ヵ月連続で増加、失業率は低下トレンドを維持

(作成:My Big Apple NY)

サービス部門のセクター別動向は、政府を含め11業種中7種が増加し前月から1業種減った。今回最も雇用が増加した業種は娯楽・宿泊で、3ヵ月ぶりに増加した。ただし、過去2ヵ月分の減少の回復には至っていない。続いて1月に1位だった専門サービス、教育・健康が入り、教育・健康は3ヵ月ぶりに増加しながら過去2ヵ月分の減少を相殺できず。一方で、前月に増加した政府を始め金融、情報が減少に転じた。政府は、州・地方政府の教育部門で減少が響いた。

(サービスの主な内訳)

―増加した業種
・娯楽・宿泊 35.5万人増、3ヵ月ぶりに増加>前月は2.5万人減、6ヵ月平均は8.4万人増(そのうち食品サービスは28.6万人増、2ヵ月連続で増加>前月は1.7万人増、6ヵ月平均は5.9万人増)
・専門サービス 6.3万人増、10ヵ月連続で増加<前月は8.5万人増、6ヵ月平均は13.1万人増(そのうち派遣は5.3万人増<前月は9.6万人増、6ヵ月平均は6.7万人増)
・教育/健康 4.4万人増、3ヵ月ぶりに増加>前月は2.6万人減、6ヵ月平均は2.6万人増
(そのうち、ヘルスケア・社会福祉は4.6万人増、3ヵ月ぶりに増加>前月は9.6万人減、6ヵ月平均は4.2万人増)

・小売 4.1万人増、2ヵ月連続で増加<前月は4.6万人増、6ヵ月平均は4.2万人増
・その他サービス 1.0万人増、2ヵ月連続で増加>前月は1.2万人増、6ヵ月平均は1.7万人増
・輸送/倉庫 0.4万人増、3ヵ月ぶりに増加>前月は1.4万人減、6ヵ月平均は3.1万人増
・卸売 0.4万人増、7ヵ月連続で増加<前月は1.4万人増、6ヵ月平均は1.5万人増

―横ばいの業種
・公益 横ばい<前月は0.1万人増と4ヵ月ぶりに増加、6ヵ月平均は横ばい

―減少した業種
・情報 0.3万人減、3ヵ月ぶりに減少<前月は1.0万人増、6ヵ月平均は0.8万人増
・金融 0.5万人減、10ヵ月ぶりに減少<前月は0.1万人増、6ヵ月平均は1.6万人増
・政府 8.6万人減<前月は7.6万人増と5ヵ月ぶりに増加、6ヵ月平均は10.5万人減

財生産業は前月比4.8万人減と、前月の1.3万人減(修正値)を含め2ヵ月連続で減少した。最も下押しした業種は建設、続いて鉱業/伐採となる。建設と鉱業/伐採ともに、大寒波が影響した。詳細は、以下の通り。

(財生産業の内訳)
・製造業 2.1万人増>前月は1.3万人減と9ヵ月ぶりに減少、6ヵ月平均は4.8万人増
・鉱業/伐採 0.8万人減、6ヵ月ぶりに減少(石油・ガス採掘は2,000人減)>前月は横ばい、6ヵ月平均は横ばい
・建設 6.1万人減、10ヵ月ぶりに減少<前月は0.1万人増、6ヵ月平均は2.0万人増

チャート:2月のセクター別増減

(作成:My Big Apple NY)

あわせて読みたい

「雇用統計」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    カンニング竹山さんへの小池都政抗議文入手。都民ファースト都議は番組ドタキャン

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    04月14日 17:59

  2. 2

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  3. 3

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  4. 4

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  5. 5

    富裕層が選ぶのは、田園調布の戸建てではなく「アマンレジデンス」

    内藤忍

    04月14日 15:00

  6. 6

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  7. 7

    兵庫県うちわ会食のうちわ配布が一転“とりあえず中止”に 県職員は「驚きです」

    BLOGOS しらべる部

    04月14日 20:21

  8. 8

    田中邦衛さんのこと  『北の国から』と北海道らしさと、さだまさしの破壊力

    常見陽平

    04月14日 14:22

  9. 9

    大阪1000超え 変異株の恐ろしさ

    中村ゆきつぐ

    04月14日 13:45

  10. 10

    全国の新規感染者、1月28日以来の4000人超え

    ABEMA TIMES

    04月14日 21:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。