記事

職業としての政治 無職から立候補するメリットはあるか

自民党長期政権が崩壊し、後を継いだ民主党も惨敗が予想される中、政界のカオス化
が進んでいる。小党乱立はその一端だ。当然、既存秩序が崩れれば、我こそはと
色々な種類の人達が名乗りを上げることになる。
「自分の葬式代を供託金にしてでも、後の世に伝えたいことがある」と言って出馬した
94歳の老人、高校中退、職歴のない(ように見える)28歳の無職青年等、バラエティ
に富む候補者が名を連ねる。筆者はこれをとてもいいことだと考えている。
政治は誰に対しても等距離であるべきだからだ。

というわけで、今回は職業としての議員について考察してみたい。
転職先として議員は選択肢となりえるのか。そして、ニートが供託金をかき集めて
立候補する意味はあるのか。

・二十代後半、無職・無職歴で立候補するメリット

話をわかりやすくするために、大学中退、そこから8年間ニートをやってきた、
職歴のない28歳・山本君という若者を想像してみよう。先日から思い立って職安通い
を続けているが、なかなか思うような就職口が見つからない。なにより、中堅以上の
企業は“新卒一括採用”の名のもと、ドロップアウト者を完全シャットアウトし続けている。
「日本はあまりにもレールを外れた人間に冷たいではないか!」
というぶすぶすとした憤りのようなものが胸の奥で燃え盛っているに違いない。

というわけで、定期預金の解約などで300万円の供託金をかき集め、衆院選に
立候補したとしよう。この時点で、山本君は無職・無職歴ではなく、政治家であり
衆議院議員候補の肩書を手にすることが出来たわけだ。
氏にとって記念すべき初めての職歴である。

とはいえ、そのまま家で寝ていたら供託金をドブに捨てるようなものだ。
興味本位で取り上げてくれるメディアやネット世論も半年もすれば忘れ果てることだろう。
というわけで、アドバルーンを上げたあとは肉付けをしないといけない。
ここは地道に、なぜドロップアウト者を企業は取りたがらないのか、そして世の
自分以外のニートと呼ばれる集団が何を必要としているのか、自分の足で調べ、
代弁者たりうる素養を身につける努力をすべきだろう。
(なので、実際はある程度の準備期間が必要なはず)

NPOニュースタート事務局あたりに赴いて教えを乞えば、喜んで話を聞かせてくれる
はずだ。もちろん、調べるのと並行して有権者に訴えて歩かねばならない。
選挙当日までゆっくり寝ている暇などないだろう。

ただ、そこまでしても、結果はまず間違いなく落選だろう。
無所属で勝てるほど国政は甘くないし、そもそも当選させてくれるほどニートの
絶対数は多くは無い。恐らく供託金も没収されるはずだ。

ただし、手元には、一つのものが残っている。それは経験だ。
もし来年、彼が企業の面接を受けた場合。

「大学を退学して以来、28歳まで特に何もしていませんでした。でもこれから
一念発起して頑張るつもりなのでチャンスを下さい」

という場合と

「大学を退学して以来、去年まで定職についてはいませんでした。
ただ一念発起して昨年の衆院選に出馬し、より中途リタイア者が雇用されやすく
なるような法改正と支援拡充を訴え、一万票を獲得することが出来ました。
一万人の有権者の支持を集めることが出来た経験を、御社の営業活動に
活かせたらと考えております」

と言った場合、面接官の心に響くのはどちらだろう。

ちなみに筆者が面接官なら「自力で三百万円かき集めて勝負した」だけで立派な
経歴だとみなす。起業であれ立候補であれ、リスクを取るとはそういうことであり、
レールを降りてしまった人間が原野を行くには、それくらいの図太さが必要なのだ。
 
・事業として考えると、国会議員は非常に低予算
・バカ議員に合わせて報酬水準を引き下げでも、政治家の質がもっと下がるだけ
・議員の質を底上げするには労働市場の流動化も有効
・元官僚が国政で活躍できるわけ


※以下、詳細はメルマガにて

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  8. 8

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  9. 9

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

  10. 10

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。