記事
  • ヒロ

なぜ、いま渋沢栄一なのだろう?

1/2
NHK大河ドラマ「青天を衝け」の視聴率が好調に推移しているようです。日本資本主義の父、と言われるそうですが、父の影は薄かったと思います。渋沢栄一の名前が世に浸透し始めたのは2019年に日銀が新紙幣のデザインを発表し渋沢が1万円札に決まったことでしょうか。ネットでは当時「渋沢って誰?」という感じだったのを記憶しています。

500以上の企業の設立に関与したし、非ビジネスにも深く関与、例えば日本女子大の設立を助け、第3代の校長にもなっています。渋沢は1840年生まれ、1931年没ですから180年前に生まれ90年前にお亡くなった古い人であり、政治家ではないので明治維新の偉人にも上がってきません。以前このブログで日産コンツェルンを創設した鮎川義介を紹介したことがありますが、渋沢にしろ、鮎川にしろ、経済人はあまりにも目立たなかったと思います。

どちらかと言えば渋沢と親交のあった三菱の岩崎弥太郎がはるかに注目されたのは資本主義の流れを旨く汲み取り、財閥という明白でわかりやすい形を作り、三菱グループという誰でも知っている企業体を残したからでしょう。一方、渋沢が500の企業に関与したといっても5つ名前を上げよといわれても上がらないかもしれません。みずほ銀行、JR東、東京海上、東急、東京ガス、帝国ホテル…と確かにへぇ、なのですが、関連性も何もありません。渋沢の名前が残っている大きい企業は私の知る限り、澁澤倉庫(東証一部)ぐらいかもしれません。

実際、いくら渋沢が91歳まで生きた長寿であったとしても500社の実務まではできません。つまり関与したとしてもその関与は第一国立銀行(現みずほ)のように頭取をやり、濃いものもありますが、非常に薄いものがほとんどでありました。それが逆に現代において渋沢への焦点が絞り込めない弱点でした。没後90年でようやく広く国民に認知されるようになったということかと思います。

私が知る渋沢の最大の価値は「利他の心」ではないかと考えています。最近の企業家では稲盛和夫氏がその筆頭に上がると思いますが、鮎川義介も利他の心を持っていました。どうも日本では自分の財布を気にする強欲より廻りの幸せを考える人の評価が高いようです。

渋沢の場合、「自分が達成しようとするならばまずは他人にやらせ達成させよ」という思想を持っているため、これと思しき人の背中を押して「後は頼むぞ」的な感じだったのではないかと思います。

もう一点はモノの見方の視野が広く、間違いをあっさり認め、方向転換できる人物だったと考えています。パリに行った際の驚き、尊王攘夷の思想をあっさり捨てた点は「変わり身の早さ」とも言われますが、自分でしっかり考えた結果だと感じています。「尊王攘夷」の思想の変遷は坂本龍馬に近かったのではないかと思っています。

あわせて読みたい

「渋沢栄一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。