記事

DASH村の夢の続きを実現したい…『ザ!鉄腕!DASH!!』とTOKIO、福島とのこれから - 東日本大震災10年

1/2

●目に見える被害はほとんどなかった


2011年3月11日に発生した未曾有の災害・東日本大震災から10年。マイナビニュースでは、この震災に様々な形で向き合ってきた人々や番組のキーパーソンにインタビューし、この10年、そしてこれからを考えていく。

日本テレビ系バラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜19:00~)で、TOKIOのメンバーたちが体を張って農作業などに挑む看板コーナー「DASH村」は、福島第一原発事故によって撤退を余儀なくされたが、「出張DASH村」や「新男米」はもちろん、「新宿DASH」「DASH島」など、様々な企画でそのDNAは今も生き続けている。

島田総一郎統轄プロデューサーに、この10年の取り組みやTOKIOに感じる福島への愛情、そして4月以降新体制となるTOKIOとともに構想する今後の展開について、話を聞いた――。

地震の被害をほとんど受けなかったDASH村の母屋=2015年撮影(提供写真)

■月10回はTOKIOの誰かが来ていた


――「DASH村」は2000年にスタートした企画ですが、島田さんが『ザ!鉄腕!DASH!!』のプロデューサーに就任された2008年には、TOKIOさんと福島の皆さんとの関係は、もうかなり強固なものになっていましたよね。

そうですね。僕が来たときは、「DASH村」がこの番組の代名詞みたいな感じで、『鉄腕DASH』という名前よりも有名だったかもしれないです。TOKIOさんが街でロケをやっていても「あ、DASH村だ!」と言われることがあるくらいだったので(笑)

当時は、長瀬(智也)さんと松岡(昌宏)さんがドラマで忙しくて、国分(太一)さんは『すぽると!』(フジテレビ)のキャスターをやってオリンピックの取材にも行ってた時期で、リーダー(城島茂)と(山口)達也さんがわりとメインになって、どんどん農業にのめり込んでいたので、僕が来たときにはもうプロ集団みたいになってました(笑)

――福島のDASH村には、どれくらいの頻度で行っていたのでしょうか?

スタッフたちが周辺に暮らしていたので、DASH村は常に誰かがいるにぎやかな場所でした。撮影も毎日のように行っていたので、下手したら月10回くらいはTOKIOの誰かしらが来ていました。達也さんに至っては、たまに休日もプライベートで来てましたよ(笑)。きっと、畑で育ててる野菜や建築中の建物とかが心配だったんでしょうね。

TOKIOやスタッフに農業を教えてくれる近所の農家さんたちにとっても、DASH村が集会場のような感じになっていて、みんなぷらっとやってくるんですよ。本当に地域のコミュニティができていたんです。たぶん近所の皆さんも「芸能人がいる」という感覚はないので、「写真撮って」とか「サインください」とか一切なく、フラットな温度で接してもらえるので、TOKIOにとっては居心地が良かったのかもしれないです。

震災前のDASH村全景(提供写真)

■防護服で数か月無人状態のDASH村へ…


――そんな中、2011年3月11日14時46分に、東日本大震災が起きました。

あれは金曜日でしたが、僕は汐留の日テレ社内で翌週の『鉄腕DASH』の準備をしていて、DASH村には城島リーダーと達也さん、そしてスタッフたちがいました。地震発生から、わりとすぐにDASH村と連絡が取れて全員の無事が確認できたとき、ものすごく安堵したのを覚えています。当時はまだ事の重大さを理解し切れていなかったので、翌日にリーダーが日テレの特番収録に出る予定で、「新幹線止まっちゃったけど、明日の収録間に合うか?」みたいな心配をしていましたね。

――福島第一原発の事故が大きく報じられたのは、発災翌日でした。

翌日になって、「原発が危ないという情報があるから、急いで避難して」と、東京から電話したんです。でも、その温度感がなかなか現地のスタッフに伝わらない。というのも、DASH村には目に見えるような被害はなくて、敷地も広くて余震で建物が倒れる心配もない。近所の方もDASH村に避難しに来るくらい安全に感じられたみたいです。3月11日の夜も一緒にご飯を食べたりして過ごしていたそうです。だから、東京から「急いで避難して」と言っても、向こうは「安全だから」と返してきて、すごく温度差を感じたのを覚えています。その後、皆DASH村から陸路で東京に戻ってくるんですが、周辺の道が地割れしていて、かなり苦労したようです。

――その後、DASH村の地域は避難区域に指定されました。

DASH村という企画そのものは2011年3月11日のロケが最後になっています。とはいえ様子は気になるので、浪江町に許可を頂き、防護服を着た状態で定期的に様子を見に行きました。

避難区域になった直後の2011年夏にDASH村へ行ったときは、数か月も無人状態のDASH村が大丈夫なのか緊張して入っていったのを覚えています。でも、被害は崖が崩れたくらいで、茅葺き屋根も崩れてなくて、びっくりするくらい何も倒壊していなかったんです。だから、古の知恵を生かした木造建築は揺れにすごく強いんだなというのを感じました。

●震災から6年半経って流した3・11のロケ映像


――発災の瞬間のロケ映像は長らく放送せず、震災から6年半経って流しましたよね。

メディアが津波の映像を自粛したように、大きな揺れでみんなが驚いている映像を流してしまうと、フラッシュバックだったり、嫌な思い出が出てきてしまったりすると思ったんです。僕らは報道ではなく、バラエティ番組ということもあったので、ああいった映像の取り扱い方はより慎重になりました。

でも、TOKIOも僕らスタッフもみんな悔しかったのは、樋(とい)で雨水を集めて、壺でろ過して、手作りのタイルで作った台所につないで、野菜とかを洗えるシステムを作っていたんですけど、それがようやく出来上がって乾かしている頃にあの震災が起こったんですよ。あとは、樋を母屋の外にはめて、屋内の台所につなぐだけだったのに、全部チャラになっちゃったので、あまりにも悔しくて。その後も何回かDASH村に行くたびに母屋の中に入って、タイル製の流しと樋が残されているのを見ると、どこかでこのシステムを生かしたいという願望がずっとあったんです。

それから6年半経って、たまたま新宿DASHで、池の水をろ過するシステムとして使えたときに、ロケVTRの素材も含めて「あのときの苦労がようやく使えたな」と、報われた気持ちになれました。めちゃくちゃロケに時間かけてみんなで作ったのに放送しないのはテレビマンとして悔しいという、プロデューサーのいやらしい執念かもしれないですけど(笑)


樋をつなげて使用する予定だったタイル製の流し(提供写真)

■すべての企画が“福島経由”で生まれる


――そのエピソードに象徴されるように、DASH村のノウハウが、「新宿DASH」や「DASH島」などに生かされていますよね。

下手したら「DASH海岸」もそうですし、今の番組の企画が全部、“福島経由”なんですよ。僕らスタッフやTOKIOが話して「これやろうよ」って生まれるのは会議室だったり、ロケ現場なんだけれど、「そういえばあのときDASH村でやったあれを生かしてみようよ」とか「DASH村で習ったあれやろうよ」とかいう発想なんです。本当に全部が“福島経由”で生まれるから、企画が統一されているのかなと思いますね。

――「災い転じて福となす」という言葉が合っているのか分かりませんが、福島のDASH村で活動ができなくなったことで、その技術がいろんな企画を通して全国に伝搬しているという印象もあります。

そうですね。もしあのままDASH村が続いていたら、巨大な温室でコーヒーやマンゴーを栽培していたり、乳牛を飼ってヨーグルトとかチーズを作ったり、栽培したブドウでワインを造ったり、養蚕をやってリーダーのお子さんの産着をシルクで作ったり……とか想像するんです。だけど今、あの場所ではできない。だからDASH島やDASH海岸、そして新宿DASHで夢の続きを実現していきたいんです。

『鉄腕DASH』が今もこうやって続いているのは、間違いなく福島のDASH村で、福島の先輩たちに様々な知識や経験を与えていただいたおかげです。TOKIOが広い世代に愛されるグループである理由の1つも、福島のDASH村にあると思います。きっとTOKIOが福島にあれだけ向き合っているのは、そこへの深い感謝があるからなのかもしれません。

■被災地のためにバラエティ番組ができること


――今年1月1日に放送された『ザ!鉄腕!元日!DASH!!』では、岩手県の三陸鉄道vsDASH自転車チームのリレー対決があり、福島だけでなく被災地に向き合っている番組という印象を受けました。

やっぱり福島にはなじみがありますが、今年は東日本大震災から10年ということもあるので、津波被害から力強く復活を果たした三陸鉄道に敬意を表して企画しました。震災を振り返って検証するというのは報道がやるものなので、僕らバラエティができる役割は、東北の人たちの強さだったり、立ち直って復興していくエネルギーのカッコよさだったり、この先に向かう希望を感じられるような側面をエンタテインメントとして見せることだと思うんです。

三陸鉄道も、震災の経験を生かして台風で被害を受けてもすぐ立て直して復旧するんだという粘り強さやカッコよさ、すごいと思わせるエネルギーの部分を見せたかったというのがありますね。これは、TOKIOといつも話していることです。

あわせて読みたい

「TOKIO」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  5. 5

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  8. 8

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

  9. 9

    【121カ月目の汚染水はいま】ペーパー棒読みの経産大臣、物言えぬ福島県知事 シュプレヒコール響く中、わずか6分間の「海洋放出するから、よろしく」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月14日 08:23

  10. 10

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。