記事

中国の銀行が売っているWMPsが危なさそうという話

 本日、ウォールストリート・ジャーナルをチェックしていると、次のような文言が目に入ってきました。

 Deposits race in China raises fears.

  中国で預金獲得競争が不安を巻き起こしている?

  私は勝手に想像してしまいました。年末を控えて中国国内の銀行が、資金量を競うために預金獲得の競争でもしているのか、と。

 もう数十年以上も前のことですが、日本でも年末や年度末になると、銀行は、預金獲得の目標を達成するために、様々なテクニックを駆使して預金額が少しでも多く見えるようにしていたものです。

 でも、記事を読むと、どうもそんな話ではないのです。

 というのも、銀行が顧客に伝統的な「預金」を勧めている訳ではないからです。中国の人々は、インフレ率に比べて預金金利が相当低く抑えられているために、通常の預金には魅力を感じないのだ、とか。

 現在、中国の預金金利は3%程度なのだ、と。我々日本人からみたら、大変魅了的に見える預金金利ですが、それでもインフレ率を考えると魅力的ではないと言うのです。

 では、どうやって銀行は一般の人々からお金を集めるのか?

 その答えは、WMPsを売ることによってなのだ、と。

 WMPsとは何か?

 Wealth Management Products の略で、資産管理商品とでも訳したらよいのでしょうか? 簡単に言ってしまえば、一つの財テク商品であり、銀行が保有している貸出債権や株式や通貨など様々な資産が組み込まれている証券のようなのです。

 話を聞いていると少しずつ怪しい雰囲気が漂ってきそうなのですが‥でも、その商品の利回りは、なんと4%から6%ほどもあり、通常の預金金利より遥かに高いのです。そして、利回りが高いものだから、銀行の顧客も、預金などせずにそうした財テク商品を購入するのだとか。

 2009年時点では2兆元ほどしかなかったWMPsの残高は、今では12兆元ほどにまで急拡大しているのだとか。日本円に換算すると160兆円程度といったところでしょう。

 でも、どうしてWMPsの利回りはそんなに高いのでしょう? どう思います?

 もちろん、利回りが高いということは、それだけリスクも高いということなのです。だって、それはそうでしょう? 逆に、安全であればあるほど、利回りは低くなる、と。

 つまり、中国の一般の人々には、WMPsがそれほどリスクが高いものだという十分な認識がないようにしか思えないのです。銀行が売る金融商品だから安全であろう、と。そして、安全であるのに利回りが高いので、買わないとソンソン、と。

 では、何故、銀行はそうした財テク商品を人々に売りつけるのか?

 一つの理由は、もちろんそれによって資金を集めることができるということなのですが‥でも、本音はもっと別のところにあるように思えて仕方がないのです。

 それは、銀行は、自分が保有しているある種の資産をその財テク商品に組み込んで顧客に売りつけたいということです。

 しかし、顧客は、具体的にどのような資産がその商品に組み込まれているか分かりません。そして、銀行としては、細かい情報など教える必要がないから、そうなると危なそうな資産(債権)からそうした商品に組み入れたくなる。

 何故か?

 というのも、そうしてリスクの高い資産(例えば、貸し倒れの恐れがある貸出金)を銀行のバランスシートから切り離してしまえば、銀行の資産状況が大変立派に見える効果があるからです。

 だって、そうでしょう?

 そうやって貸し倒れになる可能性が大きいローン債権を切り離してしまえば、もはや帳簿上にはそうした資産が表示されることがなくなる訳ですから。

 しかし、そうしたWMPsの償還期間は大半が1年未満だということで、中国で今後バブルが弾けることにでもなれば、そうしたWMPsの償還に銀行が応じることができなくなる恐れがあるのです。

 これ、まさにアメリカで起きた住宅バブルと同じような構図であるのです。

 アメリカの住宅ローン会社も、ローン債権を売却し資金調達をしていたのですが、住宅ローンの期限が大変長い一方で、そうして売却した住宅ローン担保証券の償還期間は比較的短いものが多く、バブルが弾けると住宅ローン会社は、直ぐに資金繰りが付かなくなってしまったのです。

 中国当局は、日本や米国のバブル崩壊から多くのことを学んでいる筈なので、同じような過ちを繰り返すことはないと思うのですが‥少なくても国民は、まだそうしたリスクを認識しているようには思えないのです。

 中国の人々のことですから、取り付け騒ぎなどが起こった時にはどんな暴動に発展するのか?

 少し怖い気もします。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

  10. 10

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。