記事

「日米関係はずっと不平等」ノーと言えない日本人はどうすればいいのか

1/2

日本がアメリカと対等なパートナーになる日は来るのか。長編ノンフィクション『ロッキード』(文藝春秋)を出した作家の真山仁氏は「戦後、日米が対等だった時代なんて一度もない。これからは対等ではない関係を逆手にとり、賢くなるしかない」という――。(第2回/全3回)

『ロッキード』を出した小説家の真山仁さん
『ロッキード』を出した小説家の真山仁さん - 撮影=プレジデントオンライン編集部

繰り返される45年前の構図

——ロッキード事件と同様のことが平成になり、令和になっても繰り返されているとご指摘されていますね。

その象徴が、安倍前首相とトランプ前大統領との関係です。ロッキード事件を取材していた2017年11月のことです。日米首脳会談で、安倍さんがF35戦闘機の購入を約束しました。トランプの目的は、貿易赤字解消とアメリカ国内の雇用創出だった。このニュースを知ったときに、驚きました。45年前と同じ構図じゃないかと。

ロッキード事件の発端は1972年の田中角栄とニクソンの首脳会談だとされています。ニクソンは貿易赤字解消のために、ロッキード社製の対潜哨戒機P-3Cを買うように角栄に求めた。

また2つの日米首脳会談には、国産戦闘機の開発という共通の背景があります。

60年代、70年代には、自衛隊機を純国産化しようという動きがあり、対潜哨戒機や輸送機など戦後初の純国産機の導入を目指していました。自衛隊機の国産化にこだわるのは“ゼロ戦復活”が目的ではありません。

安全保障の観点では、戦闘機の機種を複数所有するのは、世界的に常識です。とくに島国の日本では、有事で頼りになるのは戦闘機であり、実際に航空自衛隊は、安倍前総理が購入を決めたF35を含めた4機種を運用しています。

しかし今後、古い機種が退役すると、航空自衛隊はF35に頼らざるをえなくなる。自衛隊では墜落事故などのトラブルを起こした機種は原因解明まで飛行禁止になりますが、F35は日本ではオーバーホールができないので、いざというときに飛べる戦闘機がないという事態に陥ってしまう危険性が指摘されています。

「日本とアメリカが対等だった時代なんて一度もない」

にもかかわらず安倍さんは、そうした危険な事態が起こるわけはないと無邪気に考えたのでしょう。有事や国防よりも、トランプとの関係性を優先させ、いいなりになったのです。その点では、トランプはアメリカという国を象徴するわかりやすい大統領だった。アメリカ・ファーストとは、自分さえよければいい、ということですから。

グローバル・スタンダードは世界的なルールと思われがちですが、アメリカが自国に都合よく形成していただけです。45年前もそう。ニクソンは、「アメリカの戦闘機を買え」と言ったかと思えば「日本はもっと自主防衛に力を入れるべきだ」と平気で方針を変えた。その都度、日本は振り回されてきました。

——日米関係は当時からなにも変わっていないということですか?

安倍さんはトランプと対等な関係だとメディアを通してアピールしていましたが、戦後、日本とアメリカが対等だった時代なんて一度もありません。

『ロッキード』を出した小説家の真山仁さん
『ロッキード』を出した小説家の真山仁さん - 撮影=プレジデントオンライン編集部

もちろんアメリカは表向きには対等の立場だと強調しますが、「交渉」とは名ばかりで「命令」し、無理難題を押しつけてくるわけですから。

その最たる例が、年次改革要望書です。1993年の宮沢・クリントンの日米首脳会談で、日米が互いの要望を伝える文書を交換するようになりました。アメリカからの要望に従い、日本は郵政民営化や裁判員裁判、労働者派遣法改正などを実現してきました。反面、日本の要望がアメリカに認められたことはありません。90年代でもそんな状況だったのです。

日本は都合のいい相手

ましてや、60代、70年代は、日本のあちこちに米軍基地があり、GHQの匂いがまだ色濃く残っていました。日米が対等な関係だったわけがありません。日本は、国際社会で生き延びるため、アメリカに追従していくしかなかった。アメリカにとっては、いまも昔も日本は従順で便利な国、絶対に手放したくはない都合のいい相手なのです。

ここで立ち止まって考えなければならないのは、日本はアメリカと対等な関係になった方がよいのかどうか、です。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    カンニング竹山さんへの小池都政抗議文入手。都民ファースト都議は番組ドタキャン

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    04月14日 17:59

  2. 2

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  3. 3

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  4. 4

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  5. 5

    富裕層が選ぶのは、田園調布の戸建てではなく「アマンレジデンス」

    内藤忍

    04月14日 15:00

  6. 6

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  7. 7

    兵庫県うちわ会食のうちわ配布が一転“とりあえず中止”に 県職員は「驚きです」

    BLOGOS しらべる部

    04月14日 20:21

  8. 8

    田中邦衛さんのこと  『北の国から』と北海道らしさと、さだまさしの破壊力

    常見陽平

    04月14日 14:22

  9. 9

    大阪1000超え 変異株の恐ろしさ

    中村ゆきつぐ

    04月14日 13:45

  10. 10

    全国の新規感染者、1月28日以来の4000人超え

    ABEMA TIMES

    04月14日 21:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。