記事

在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

このことに気づいてしまった人みなさんにも多いんじゃないかなと。
結局、通勤して仕事した気になってただけってことを。

1・2月は冬のコロナに備えて家でできる作業をずっとしてるんですけど、35日ぶりに1度都内まで外出したらなんかめっちゃ仕事した気になったんですよね。実質何もしてないのに!

ずっと家にいたせいもあったのか、都内まで出かけるっていうのが一大イベントでそれだけで疲れるからやった気になった勘違い。

それで疲れちゃうから仕事した気になって、「自分ごほうびだ!」みたいに外食を少し贅沢にするとか一品増やすとかスイーツも頼んじゃうとか「よし一杯やるか」みたいなことになるわけですよ。

でも実は何もやってない。ほとんどやってない。ただ行き来に疲れただけと人と話していると仕事した気になれる。
でも冷静に考えてみれば、家に1日中いる時の方が仕事の作業量としてはめちゃ多いわけですよ!

特に都会暮らしの人は通勤に往復2時間とか3時間もかけているわけだから、そりゃ毎日のこととはいえ疲れるわけです。
そしてその時間は本を読むとかネットでニュース見るとかできるかもしれないけどほとんど無駄な時間。

でも在宅勤務なら通勤しない分、肉体的に疲れないどころかこの通勤時間がまるまる節約できるわけですよ。

でもなんか家でずっと作業してるとやった感がない。達成感がない。
通勤すれば、外出すれば仕事やった感が得られる。

でも仕事量を見比べてみれば在宅した方がはるかにこなせるという。

コロナは不幸な出来事かもしれないけど仕事の生産性が可視化されたという意味では非常によかったかなと。

今まで仕事やった感になり、それで帰りに飲んでまたさらに「仕事終わったぜ感」に浸るという錯覚のループを繰り返していただけという。

通勤って毎日あたりまえのようにしていたことがなくなると、それが実は重労働だったってことに気づかされちゃったのではないかなと。

私も一度外出しただけでろくに仕事してないのにやった感に浸ってたから。

このコロナで今までの仕事のやった感の錯覚に気づけるかどうかってかなり重要ではないかと!

これからは会社員だろうと個人事業主だろうと、「仕事やった感」ではなく正味どのぐらいやったの?っていう作業量で評価される時代になっていくはず。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  2. 2

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  3. 3

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  4. 4

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  5. 5

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  6. 6

    TBS『週刊さんまとマツコ』の逆張りに期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  7. 7

    【読書感想】まちづくり幻想 地域再生はなぜこれほど失敗するのか

    fujipon

    04月19日 15:05

  8. 8

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  9. 9

    ワクチン接種は景気を大きく左右する 接種が遅れる日本は消費回復も鈍いだろう

    野田佳彦

    04月19日 16:19

  10. 10

    まん延防止で休業している飲食店経営者は、今どこで何をしているのか?

    内藤忍

    04月19日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。