記事

シニョリッジとは何か

今回はいわゆるシニョリッジ(通貨発行益)について考えてみたい。リフレ政策のひとつとしては政府紙幣の発行もあるが、日銀券と政府紙幣の発行では何が違うのか。

そもそもシニョレッジ(seigniorage)とは、鋳造した貨幣の額面と原価の差額である。古代ローマの時代から使われているラテン語で、日本では江戸時代に「出目(でめ)」と呼ばれたものである。

金本位制の頃は、本来であれば貨幣の額面価値(金額)と金の実質価値(金額)が等しいはずである。しかし、貨幣の金の含有量を減らせばその分、シニョリッジ(通貨発行益)が得られる。これは過去の歴史を紐解くまでもなく、現代の日本でもそれを活用した事例が存在している。

1986年に天皇陛下御在位六十年記念硬貨が発行された。この10万円金貨は発行枚数が1000万枚と巨額であった。1枚あたり20グラムの金を使用していたが、当時のグラムあたりの金価格が2000円前後であり、金そのものの価値は額面の半分以下であり、それが政府への財源を潤した。まさに巨額の通貨発行益を得たことになる。ただし、これはその後の偽造事件もあって、金貨保有者は私も含めて、銀行に日銀券と引換に走ったのであるが。

これに対し日銀券については、1万円の原価の約20円と額面1万円の差額9980円とはならない。日銀のバランスシート上では、負債項目に日銀券と預金などがあり、それに対して資産項目に国債や貸出金が存在する。つまり日銀券は日銀にとっては負債であり、無利息・無期限の借用証書となる。このため日銀券を発行し、それで国債を買い入れれば、買い入れた国債の利子分が、シニョリッジとなる。さらにこの日銀の毎期剰余金は法定準備金、配当を除いた額を国庫に納付することとなっている(日銀法第53条)。

さらに日銀券を輪転機を回して増やそうとしても、そもそも日銀券への需要がなければそれは難しい。日銀券の発行というのは、市中銀行が準備預金を下ろして日銀から現金を受け取ることであるが、これは日銀にとり準備預金という負債を減らす一方で日銀券という負債項目が増加することになる。日銀は強制的に市中に日銀券をばらまくことはできない。あくまで銀行等が準備預金を取り崩して現金化しなければ、市中の日銀券残高は増加しない。

あわせて読みたい

「金融政策」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  6. 6

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。