記事

レストランサイトのスマホ検索で一番大事なのは電話番号と道順

少し前にスマホで自動車情報を検索するユーザーに関する興味深い調査報告を紹介しましたが、今回はレストラン検索に関する新たな調査報告を。スマホでレストラン検索というと日本でも日常的に行っている人が多いと思いますが、さてその内容はいかに。 — SEO Japan

画像を見る昨日行われたSMX Eastの「大きく拡大を続けるモバイル広告での戦い方」セッションで、テルメトリクス社のビル・ダイナン氏は、今朝リリースされたばかりのモバイルのレストラン検索のデータの一部を公開した。これは、テルメトリクスとxAdの依頼によって今年のはじめにニールソンが実施した調査の第三部である。

このリサーチは、1500名の米国のスマートフォンユーザーおよびタブレットユーザー、そして、アップルおよびアンドロイドの6000名のユーザーで構成されるニールセンのスマートフォン分析パネルで実際に観察した行動をベースとしている。そのため、ユーザーの考え方および実際の行動を反映している。以下に以前リリースされたデータをまとめた記事を掲載しておくので目を通しておいてもらいたい:

画像を見る

レストランは、複数のソースから得た多くのクエリログのデータを参考にすると、ローカルおよびモバイルの検索カテゴリで常にトップに上がるようだ。テルメトリクス – xAd社の調査でも、この傾向は裏付けられている。

この調査では、スマートフォンユーザーの95%がレストランの検索を行っていることが判明している。また、そのうちの90%は「1日以内にコンバート」していることも分かっている。要するに、外食していると言うことだ。さらに衝撃的だったのは、64%が「すぐに」または「1時間以内」にコンバートしている点である。これは、2010年のマイクロソフト-ビングによる「モバイル検索ユーザーの70%が検索関連のタスクを1時間以内に完了している一方で、PCのユーザーは1週間を費やす」と言う報告を連想させる。

しかし、タブレットユーザーおよびスマートフォンのユーザーの行動は異なる。今では常識になりつつあるが、この調査はレストランのカテゴリー特有の違いを紹介している:

  • スマートフォンでレストランを検索するユーザーの64%は1時間以内にコンバートする一方で、1時間以内にコンバートするタブレットのユーザーは44%のみである
  • レストラン検索においては、大半のスマートフォンは“移動中”(つまり外出中)に用いられているが、タブレットは基本的に家の中で利用されている。
  • タブレットのユーザーはレビューとメニューをチェックし、スマートフォンのオーナーはレストランへの道順を調べる、またはレストランに電話する傾向が見られる

画像を見る

レストラン検索における上位のアクティビティは、デバイスによって異なる。スマートフォンのオーナー達のアクティビティの順位を挙げていく:

  1. レストランに電話する
  2. 道順を調べる
  3. 近くの場所を調べる

一方、タブレットのオーナーは、より「リサーチ」色が濃く、次のアクティビティを行う傾向が見られる:

  1. 評価とレビューを見る
  2. オンラインのクーポンおよびプロモーションを探す
  3. メニュー/特定の料理をリサーチする

また、この調査によって、タブレットおよびスマートフォンのユーザーはモバイルウェブサイトを頻繁に用いているものの、モバイルアプリに費やす時間が多い点も明らかになっている。 モバイルデバイスでレストランのコンテンツを見るために費やされる時間の70%をアプリが獲得している。つまり、モバルウェブは、接触範囲が広いものの、ユーザーはモバイルアプリの利用に没頭しているのだ。これは、大きなモバイルユーザーの行動パターンの縮図とも言えるだろう。

「モバイルの広告スポンサーにとって前向き」な興味深い発見が幾つかあるが、モバイルデバイスでレストランを検索する5人のうちの3人は、リサーチを始める際に特定のレストランを考慮しているわけではない点もその一つに挙げられる。また、調査参加者の75%は、モバイル広告に気が付いていると指摘している。そのため、このカテゴリーにおいて、モバイルユーザーにマーケッターが与える影響は大きいと思われる。

モバイルユーザーが特定のレストランを選ぶ上での決定の基準または重要な理由の上位を以下に挙げる:

  1. 場所または近さ – スマートフォン: 65% タブレット 52%
  2. 価格 – スマートフォン: 48% タブレット: 48%
  3. 評価の高いレビュー – スマートフォン: 27% タブレット: 43%

今回の調査結果から2つの重要な教訓を得ることが出来る。まず、スマートフォンおよびタブレットのユーザーのニーズと行動は異なることが多い点だ(そして、分野によってさらに異なる可能性がある)。 総括として、タブレットのオーナーは行動においてPCのオーナーに近いものの、「モバイル」ユーザーに分類される。2つ目の注目に値する点および総括は、スマートフォンのオーナーはより差し迫ったニーズを持っており、その他のスクリーンのユーザーよりも“ファネルの下の層”にいる点である。

テルメトリクス-xAdのリサーチ(そして、その他の最新のモバイルのリサーチの多く)は意味するものが多く、コンテンツパブリッシャーおよびモバイルの広告スポンサーに対して、それとなく提言を行っていると言えるだろう。

この記事は、Search Engine Landに掲載された「Study: 64 Percent Of Mobile Restaurant Searchers Convert “Immediately Or Within An Hour”」を翻訳した内容です。

こうして見るとスマホというかモバイルでのレストラン検索がいかに日常的に活用されているか改めて分かりますね。ユーザー行動を見ると 1.レストランに電話する 2.道順を調べる 3.近くの場所を調べる という順番になっていますが、スマホ・モバイル対応サイトは持っていても、このユーザー行動を念頭に置いたサイト構成にしているサイトはどれ位あるでしょうか?

基本的に予約・またはレストランに向かっている途中のユーザーの利用が一番多いようですが、PC版と同じ構成にしている場合は、こういったユーザーのニーズも少し考えてモバイルサイトを見直すと顧客満足度や場合によっては予約率も微妙に上がるかもしれません。レスポンシブWEBデザインが流行ですが、それ以上にレスポンシブなWEBコンテンツも大事ですよね。あ、いいこと言ったような? — SEO Japan

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  8. 8

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。