記事
  • ロイター

下振れリスク極めて大きい、金利政策の変更不要=日銀半期報告で黒田総裁

[東京 5日 ロイター] - 日銀は5日、衆院財務金融委員会で半期報告を行い、黒田東彦総裁は現在の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付き量的・質的金融緩和は適切に機能しており、変更は不要との見解を示した。新型コロナウイルスの影響で景気の下振れリスクは極めて大きいと指摘した。

景気の現状について「新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」との認識を示した。

輸出や生産は、海外経済の持ち直しなどを背景に増加を続け、設備投資は全体としては下げ止まってるが、「個人消費は、感染症の影響により、飲食・宿泊などのサービス消費において下押し圧力が強まっている」と指摘した。

景気の先行きは「感染症の影響が徐々に和らいでいくもとで、外需の回復や緩和的な金融環境、政府の経済対策の効果にも支えられて、改善基調をたどる」との見解を示しつつ、「感染症への警戒感が続くなかで、そのペースは緩やかなものにとどまる」と慎重な見解を示した。

消費者物価の前年比は、感染症や原油価格下落の影響などで「当面、マイナスで推移する」が、「その後は、原油価格下落などの影響が剥落し、経済が改善するもとで、プラスに転じ、徐々に上昇率を高めていく」との見通しを示した。

先行きの経済・物価見通しには「下振れリスクが大きい」との認識を示した。「ワクチン接種の開始は心強い動きだが、感染症の帰趨やそれが内外経済に与える影響の不透明感は極めて強く、引き続き注意が必要」と警戒した。

「金融システムの安定性が維持されるとみているが、不確実性があり、金融機関収益の下押しが長期化すると、金融仲介が停滞方向に向かうおそれがある」「利回り追求行動などに起因して、金融システム面の脆弱性が高まる可能性もあり、先行きの動向を注視する必要がある」とした。

3月会合で予定されている政策枠組み点検について、「現在の長短金利操作付き量的・質的金融緩和の枠組みは、現在まで適切に機能しているため、その変更は必要ない」との考えを示した。

(竹本能文)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  2. 2

    大阪への緊急事態宣言は仕方ないが東京への発令には疑問 医師が指摘

    中村ゆきつぐ

    04月23日 08:26

  3. 3

    「+674」で始まる不審な国際電話は要注意 小国・ナウル共和国の必死の訴えに共感相次ぐ

    BLOGOS しらべる部

    04月22日 17:16

  4. 4

    飲食店の酒類提供終日禁止?はいくらなんでもめちゃくちゃすぎる

    かさこ

    04月23日 09:31

  5. 5

    学校をサボる、万引き自慢…ヤンキー的な振る舞いは「規範からの逸脱」なのか

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    04月23日 09:26

  6. 6

    学習効果の低い政権運営 コロナ禍で気づかされた「後進国・日本」

    田嶋要

    04月23日 12:28

  7. 7

    緊急事態宣言の措置内容、期間の決定になぜこんなに時間がかかっているのか

    大串博志

    04月23日 08:11

  8. 8

    維新・国会議員団のデジタル化成功の理由は「距離」?!驚愕の霞が関・実態調査結果

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月23日 08:50

  9. 9

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  10. 10

    「平時」の日本、「有事」のイギリス 明暗分けたコロナ対策

    木村正人

    04月23日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。