記事

“心の復興”を描く 映画「漂流ポスト」

1/2
画像)『漂流ポスト』夕焼けシーン ©Kento Shimizu

Japan In-depth編集部 (高橋十詠)

【まとめ】

・”心の復興”を描く映画『漂流ポスト』、3月5日からアップリンク渋谷他にて公開開始。

・現在、ポストは被災者に限らず、想いの受け止め口になっている。

・震災から10年。今一度、記憶を振り返ろう。

あの東日本大震災から、早くも10年が経とうとしている。私たちの身の回りは今やコロナという単語で溢れている。3.11と聞く機会は減り、一見日常を取り戻したかのようだ。しかし、震災の傷跡は、未だ深く被災者の心に残っている。

岩手県陸前高田市の山奥に、今でも多くの手紙が届き続ける赤いポストがある。

手紙はどれも、亡くなった人たちへ綴られた想いだ。そのポストを通し、”心の復興”を描く映画『漂流ポスト』が、諸外国の映画祭で評判を受け、日本でも全国公開決定に至った。現在、大阪府、いわき市にて公開が始まっており、3月5日(金)より「アップリンク渋谷」他、全国にて順次公開が進む。

映画について、監督の清水健斗氏、主演を務めた雪中梨世氏、そして漂流ポストの管理人である赤川勇治氏に話を聞いた。

写真)左から監督の清水健斗氏、主演を務めた雪中梨世氏、漂流ポストの管理人赤川勇治氏 ©Japan In-depth編集部

■映画化の経緯

ボランティアを通し、被災地に寄り添ってきた清水監督は、震災から3年経過した時点で風化の危機感を抱き始めたという。

「震災当時の”電気や水を大切にしよう”という意識が、ほとんど無くなってきている。ボランティアをしていた自分ですら忘れてきているのだから、関わりを持たなかった人はなおさらだろう」

そう感じた清水氏は、震災の記憶や教訓を映像として残し、今後も伝えていきたいという思いが込み上げてきたそうだ。偶然目にした漂流ポストのドキュメンタリー映像から漂流ポストに興味を持ち、管理人である赤川氏に連絡を取った。

■「漂流ポスト」誕生物語

赤川氏は、「被災者の方の要望に応えた形」でポスト設置に至ったと話した。

震災当時カフェを経営していた赤川氏は、「こんな時に呑気にカフェなんてやっている場合ではない」と、店を閉じようとしていたそうだ。それから暫くは仮設住宅に住んでいた人たちを心配し、お見舞いに訪ねていたという。次第に、赤川氏は被災者の胸の内を聞くようになった。

「お客さんの苦しさがどんどん増してきているんです。『息が詰まりそうだ』と」

画像)『漂流ポスト』の一コマ ©Kento Shimizu

赤川氏は話を聞くうちに、その苦しさの原因が、家族や友達を亡くした辛さを吐き出す場所がないことだと気づく。

「誰かに話したとしても、返ってくる答えは皆一緒。『あんただけじゃない』と頭を押さえつけられる。そうすると言うに言えず、皆思いを胸にしまい込む。それを重ねている訳です。」

赤川氏は当時の様子をそう、振り返った。

やがて、お客さんの「カフェを復活させて話を聞いてくれ」という熱い要望から、店の再開を決心した。様々な想いを受け止め続けるうちに、赤川氏はふとあることに気づく。

「話を聞くのは良いが、私は何も答えてあげることができない。それでも皆、ケロッと元気になって帰るんです。『来てよかった』と言って。」

そう不思議に感じる日々が続き、赤川氏は新たに「カフェに来られる人の話は聞けるが、全国に散らばってしまった人たちはどのように捌け口を作っているのだろう」という疑問を持ち始めた。そして辿り着いた答えが、”手紙”だった。

「どんなに遠くにいてもポストに出せば、届く。それを受け付けてさしあげよう」

そう赤川氏が決心したのは、震災から4年経った2015年3月だった。

実際に漂流ポストのあるガーデンカフェ森の小舎で撮影も行った本作で、現地を訪れた雪中氏は、「赤川さんの心の大きさが、現地に雰囲気としてあった」と、撮影当初の不安が和らいだことを明かした。

画像)現物の漂流ポスト  ©Kento Shimizu

また、ポスト誕生にはもう1つの背景があった。赤川氏が岩手県に移り住んだのは27歳の頃。新幹線もなかった当時、関東からの移住者は「東京で何か悪いことをして逃げてきたんだろうと、犯罪者扱い」だったという。現在の漂流ポスト所在地である広田町に引っ越せば、今度は変人扱いを受けたそうだ。

「だから住まい探しには本当に苦労しました。親戚もいないし、保証人の問題もある。そんな時に、理解してくれた不動産屋が住まいを提供してくれたおかげで、今の私があるわけです」

しかし、被災者たちは赤川氏が「よそ者」だったからこそ、気持ちを話しやすかったのだ。こうして赤川氏は、以前自分を救ってくれた存在に恩返しをする気持ちで、被災者たちの思いに応えていった。

■「漂流ポストとは、書く人が”想う”こと」

届いた手紙のうち公開OKのものは、赤川氏が大切にファイリングしており、本作中では主人公が人々の想いに触れるシーンとして実物が使われている。

画像)実物の手紙 ©Kento Shimizu

「投函した人は、繰り返し何度もいらっしゃる。元気になれたことを私にだけでなく、亡くなった相手にも報告しに来るんです」

今では「そのような人との繋がりが今の財産になっている」と話す赤川氏。

「あのポストが身代わりになっている。だから皆さん、ポストの頭に手を置いて、投函口に顔を持っていき、話しかけるんですよ」

と、以下のメインスチール写真は正に「現実のコピー」だと、脳裏に焼き付いている投函者の様子を語った。

画像)『漂流ポスト』メインスチール写真  ©Kento Shimizu

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    DHCなどを“実名報道”のNHK 民放にはできない“攻める”ニュースの意義を考える

    水島宏明

    04月09日 21:59

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  4. 4

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  5. 5

    東大京大生ってどうしてそんなにコンサルになりたがってるの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    04月09日 08:17

  6. 6

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  7. 7

    売れ行き好調で一時出荷停止の「生ジョッキ缶」 メルカリで転売相次ぐも“違法”のケースも

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 17:24

  8. 8

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

  9. 9

    認定取消されなかったフジHDと東北新社の違い 外資規制違反の状態でも抜け道?

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 16:47

  10. 10

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。