記事
  • ロイター

米レポ金利が一時マイナス4%に低下、緊張の表れ=市場関係者


[ニューヨーク 4日 ロイター] - 市場関係者によると、米国債などを担保にして短期資金を貸し借りするレポ市場で4日、10年債貸借(レポ)取引金利が一時マイナス4.25%に低下した。投資家が米国債の売り持ちを増やし、市場の緊張が高まっていることが背景。

レポ市場での国債の品不足を解消するために連邦準備理事会(FRB)が10年債を供給したため、レポ金利のマイナス幅はその後縮小し、直近でマイナス0.50%。レポ金利は週初からマイナス圏にあった。カーバチュア・セキュリティーズの幹部、スコット・スカイルム氏によると、前回マイナスを付けたのは昨年6月。

レポ金利がマイナスとなる場合は通常、特定の担保証券への需要が増えたり、市場への供給が滞っている可能性がある。足元は10年債の品不足が原因とアナリストは指摘する。

FRBが金融緩和策をどれだけ長く継続するのかを巡る不透明感が、レポ金利がマイナス圏に沈んだ要因の一つとなった。

スカイルム氏は「市場は非常に変動が大きくなっているため、緊張が高まっている」と指摘。

投資家は米国債利回りが上昇を続けると予想し、売り持ち高を増やしている。米経済対策の財源を確保するための国債増発や景気回復への期待が背景にある。直近の10年債利回りは1.578%。

スカイルム氏によると、FRBが4日、保有する109億ドル相当の米10年債のうち87億ドル相当を市場に貸し出したという。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。