記事
  • ロイター

情報BOX:パウエルFRB議長の発言要旨


[4日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は4日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催の米経済に関する会合に参加した。発言の要旨は以下の通り。

*経済はFRB目標からなお程遠い

*リスク残るが、今後数カ月で雇用創出の持ち直しを期待する十分な理由ある

*経済の持ち直しでインフレは上昇へ

*根深い低インフレ期待が変化するとは考えにくい

*インフレ上昇は一時的の公算大

*FRBはインフレ目標達成へ手段を駆使

*最大雇用への回帰に一定の時間、やるべきこと多い

*失業率4%に改善すれば良好、最大雇用の達成にはそれ以上必要

*今年最大雇用に達する公算小さい

*金融市場の無秩序な状況なら懸念

*ワクチン接種拡大や財政支援で雇用創出持ち直しも

*量的緩和(QE)の変更には目標への実質的な進展見られる必要、一定の時間かかる

*インフレの一時的上昇見られた場合、忍耐強く対応

*財務状況の根強い逼迫なら懸念

*利上げ検討には最大雇用の達成と、インフレ率が2%に到達し、それを上回る水準に向かうことを確認する必要

*利上げ時期は雇用と物価安定の目標達成にかかっている

*供給のボトルネックに伴う物価上昇は一時的だろう

*インフレ期待の抑制に向け、FRBは政策手段を講じる考え

*QE縮小に動くかなり事前に目標への進展状況を伝える

*利上げに関するガイダンスは「極めて明確」

*利上げは経済が「完全に回復」した段階で実施へ

*FRBは現時点で目標達成に向け大きく進展していない 

*雇用創出ペースは加速の見通し

*一段の大幅な進展には時間要する

*現在の政策スタンスは適切

*財務状況は極めて緩和的で適切

*状況が変化すればFRBは対策を講じる

*雇用が高水準に達したという理由だけで利上げは実施せず

*高インフレは極めて悪い状況、FRBは再発を容認せず

*向こう約1年で物価上昇の公算、持続せずインフレ期待を2%超に押し上げるには不十分

*パンデミックを終息させられれば日常が戻り、長期ダメージ回避

*パンデミック巡り向こう数カ月間が極めて重要

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    DHCなどを“実名報道”のNHK 民放にはできない“攻める”ニュースの意義を考える

    水島宏明

    04月09日 21:59

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  4. 4

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  5. 5

    東大京大生ってどうしてそんなにコンサルになりたがってるの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    04月09日 08:17

  6. 6

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  7. 7

    売れ行き好調で一時出荷停止の「生ジョッキ缶」 メルカリで転売相次ぐも“違法”のケースも

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 17:24

  8. 8

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

  9. 9

    認定取消されなかったフジHDと東北新社の違い 外資規制違反の状態でも抜け道?

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 16:47

  10. 10

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。