記事

これから社会に出ようとする15年前の自分へのメッセージ

12月1日、企業の採用活動が開始されました。

私が大学生の頃、インターネットを使った就職活動は行われていませんでした。セミナーの申し込みはハガキで申し込んでいましたし、企業からの連絡は自宅の固定電話に来ていました。携帯電話を持っていた学生が少数派という事情もありましたが、「電波状態の悪い携帯電話で電話を受けることは失礼である」とか「携帯電話を持っている学生は遊んでいると思われてイメージが悪い」とも言われていたためです。企業からの電話はいつかかってくるかわからないので、自宅から一歩も外に出られないという学生も多くいました。社会人を経験した今となっては「いやいや、考えすぎでしょ。」と思えますが、当時の学生はとても不安でいっぱいでした。だから今の学生も不安でいっぱいだと思いますし、都市伝説のようなことも信じられたりしているんだろうと思います。先が見えない未来に対して不安を抱くのは当然のことです。だから、その不安はしっかりと受け止めて、いろいろなコトをたくさんたくさん考えると良いと思います。

あちこちのブログの記事を見ると、様々な方が就職活動中の学生に向けたメッセージを発信してます。私も何か書きたいと思いましたが、私自身はいわゆる新卒の就職活動を経験したことがない上、採用活動に関わってからも随分時間が経過したので、15年前の自分自身に向けたメッセージを書きたいと思います。

仕事は人生の中の一部でしかない


目の前に人生を左右する大きな選択があると、それに目が奪われてしまい、その先にある事が見えなくなってしまいます。「自分はどういう仕事がしたいのか?」という疑問を持つ前に、「自分はどういう人生を歩んでいきたいのか?」という点を考えるべきです。仕事は人生を構成する中の一要素にすぎないからです。「40歳くらいになったら地元に戻って生活したいな」と考えているのに、首都圏の地方公務員になろうとするのは間違った選択です。*1人生の目標が定まっていないのであれば、まずは目標を決めましょう。そして、これから就職しようとする仕事や会社が、その目標への経路上に存在しているのかをじっくり考えましょう。その結果、人生の目標を修正するのもいいと思います。

自分が頑張れば目標を達成できると考えるのは大きな勘違いです。世の中に出てみると、自分の力だけではどうにもならないことがたくさんあって、それらの影響をたくさん受けます。その影響は悪いことだけではなく、これまで自分が知らなかった新しい世界を知るきっかけになることもあります。その時には、また目標を修正したらいいだけですからね。

わりとどうにかなる


目標を決めて、それに対して一生懸命進んでいくのもいいと思います。でも、その途中で失敗したからといって挫ける必要はありません。結果的になんとかなります。
事実、過労 → 病気 → 休職 → 転職と経験してきましたが、今のところ結果的になんとかなってます。挫折しなかったら、もっと素晴らしいものが待っていたかもしれませんが、待っていなかったかもしれません。得ることができたかどうかわからない失ったものに執着しても良い結果は得られません。

ただし忘れてはいけないことが2つ。

(1) 目標を常に持って、最善と思える戦略を選択すること
(2) 挫折した時には、周囲に対して適切に助けを求めること

結果的になんとかなるためには、それなりの準備が必要なことも忘れないでくださいね。

今しかできないことを経験する


今しかできないことを経験しましょう。
「学生の本分は勉強である」とか「若いうちの苦労は買ってでもしろ」とか言う人がいます。でも気にしないでください。

学ぶことは重要ですが、それは大学の勉強から得られることだけではありません。世の中には、「20歳代前半でなければできないこと」や「学生という立場でなければできないこと」、「今の時代でなければ経験することができないこと」がたくさんあります。
具体的な一例を挙げるなら、企業見学やインターンシップは学生の時しか経験することができません。一度就職してしまうと二度と受け入れてはくれないのです。当たり前ですよね。競合他社の社員を、自社の営業情報に触れさせてくれるお人好し企業はありませんからね。同じように「今しかできないこと」は、世の中にたくさんあります。「将来役に立つこと(←本当に役に立つかわからないこと)」を経験するよりも、「今しかできないこと」を積極的に経験しましょう。その経験は、きっと貴重な財産になります。ちなみに、"新卒"での就職活動も「今しかできないこと」であることを忘れないでくださいね。

あと、"苦労"はわざわざ買わなくても、数年したら望んでいなくても苦労することになるので心配はいりません。


このエントリは、あくまで15年前の自分に向けたメッセージです。未来のことは誰にもわからないですし、その結果に対して誰も責任をとってくれるわけではありませんからね。でも、たとえ失敗したとしても、それが自分で考えた結果なのであれば納得できるんじゃないかな、と思います。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  2. 2

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  5. 5

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  6. 6

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。