記事
  • Sozen

来年の石油需給が逼迫予想へ

原油相場は6営業日振りに小幅反発です。需要不安で軟調に始まった原油相場ですが、欧州の景況指数改善とドル安ユーロ高に支えられ$85/bbl割れは回避されています。OPECや米国エネルギー情報局(EIA)の需給予想も前月よりやや逼迫傾向で、EIAは来年の世界の石油需給予測を供給不足へと修正しました。

12月11日のNYMEX WTI 原油先物の終値は前日比23セント高の$85.79/bblで、引け後の時間外取引は$85/bbl台後半です。

OPECの12月月報によると、世界の石油需要見通しは2012年が日量8,880万バレル、2013年は8,957万バレルで11月月報の予想数値から変化なしとなっています。
一方、OPEC非加盟国の石油供給見通しは2012年が日量5,293万バレルで前月の予想より同1万バレルの下方修正、2013年は日量5,383万バレルで前回より同2万バレルの下方修正です。
従って、需給見通しは小幅逼迫傾向となります。

また、OPECによる加盟12か国の11月の産油量推定は日量3,078万バレルで前月比同21万バレル減、世界の総石油供給量推定は日量9,045万バレルで前月比同33万バレル増となっています。
OPECはやや減産ですが、その他の増産で全体の供給量は増えていますね。

EIAの12月短観では、2012年の世界の石油需要見通しは日量8,904万バレルで前月短観より同1万バレルの下方修正、2013年の予想は日量9,000万バレルで前回より同6万バレルの上方修正でした。上方修正は3か月振りです。
供給見通しは2012年が日量8,909万バレルで前回と同じ、2013年は日量8,995万バレルで前回より同12万バレルの下方修正となっています。
このため、2013年の需給バランス見通しは今年4月短観以来の供給不足予想となりました。

[画像をブログで見る]

マスターカードの調査によると、先週の全米のガソリン消費量は日量852万バレルで前週比3.7%減、前年比は2.8%減でした。前年比は14週連続のマイナスです。
全米のガソリン平均小売価格は2週続けて下落し7月中旬以来の安値となりましたが、前年同期水準をまだ2.7%上回っています。

 (参考図表)

2012/12/11
NYMEX WTI Jan$85.79/bbl( +0.23 )
20日移動平均:$87.07( -0.13 )
ボリンジャーバンド
 +2σ:$89.54/ -2σ:$84.60
 幅:$4.94( -0.05 )/ 100日平均:$8.05
ボラティリティ
 20.44 ( -0.08 )/ 100日平均:25.66

あわせて読みたい

「原油相場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  8. 8

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    東京五輪開催是非について口を閉ざすアスリートに疑問

    諌山裕

    05月07日 17:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。