記事

黄砂の飛来は中国の里山が破壊されたから。植林も砂漠化の一因だった!

1/2
中国の黄土高原の破壊が黄砂を激化させている(写真:ロイター/アフロ)

 花粉症の季節だが、同時期に発生する黄砂。こちらも曲者だ。

 黄砂は中国大陸奥地から飛んでくる細かな砂の粒子だが、主に3月~5月に日本に飛んでくる。これはスギとヒノキの花粉症の時期ともろにかぶる。一般には洗濯物や車を汚すことを頭に浮かべるが、日本に届く粒子は花粉より小さくて(3~4μm)肺の奥にまで入りやすい。

 黄砂自体がアレルギー症状を引き起こすと言われるほか、花粉症などを悪化させる可能性がある。もし鼻水や目のかゆみが酷いとき、あるいは喘息などが起きたときは、花粉症だけでなく、黄砂の影響も疑っていいだろう。花粉症では喘息や咳は起きないからだ。

年間500万トンの黄砂が日本に

 舞い上がった黄砂は、季節風に乗って日本に飛来する。その量は年間で500万トンにも達し、その3分の1から2分の1が降下しているという。大雑把に言って、200万トン前後の砂が毎年日本に降り注いでいることになる。凄まじい量だ。

 その主成分は石英や長石などの造岩鉱物や、雲母、カオリナイト、緑泥石などの粘土鉱物などだ。これらはアレルゲンではないが、日本に飛んでくる途中で、大気中のPM2.5のような排気ガス成分やカビ、細菌などを付着させる。こちらが危険なのだ。

 黄砂が飛ぶ原因は、あまり知られていない。

 従来「春がすみ」として表現される春先に遠方が見えなくなる空気の濁りは、黄砂が原因とされている。だから昔からある自然現象であると思われてきた。

 しかし近年、その発生頻度と規模は拡大し、大規模な環境問題となっている。もちろん日本だけでなく、足元の中国の被害は年間7000億円に達するとされ、朝鮮半島にも甚大な影響を出している。農作物被害、健康被害に加えて視界を奪い、エンジンに吸い込まれることで交通障害にもなるからだ。

 中国の環境問題を研究してきた大阪大学大学院の深尾葉子准教授によると、飛んでくるのは従来言われてきたタクラマカン砂漠ではなく、より日本に近い黄土高原や内モンゴル、華北地方からだという。具体的にはモンゴルや内モンゴル、新疆ウイグル自治区で、砂漠よりその周辺の農地やオアシス、道路だった。こうした地域は、いわば人が手を加えた二次的な自然である里山である。そこから激しい黄砂が舞い上がっていたのだ。砂漠の砂は粒子が大きくて、さほど遠くに飛ばないらしい。

あわせて読みたい

「黄砂」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。