記事
  • ロイター

中国政府系ファンドCIC、米国で長期投資機会を模索


[北京 4日 ロイター] - 中国の政府系ファンド、中国投資有限責任公司(CIC)の趙海英最高戦略責任者(CSO)はロイターに対し、米ゴールドマン・サックスと共同で設立したファンドが25億ドルを調達したことを明らかにし、米国で引き続き長期投資の機会を模索する方針を示した。

CICはトランプ前米大統領の訪中に合わせ、2017年11月にゴールドマンと共同で「米中産業協力ファンド」を設立。趙氏によると、同ファンドはこれまでに米国で2つの投資案件を完了しているという。

関係筋によると、調達額は戦略の変更により、当初目標の50億ドルを下回った。

趙氏は、資金調達は順調とした上で、短期的にゴールドマンと同様の2つ目のファンドを設立する計画はないと述べた。

ロイターは2019年、米中産業協力ファンドとゴールドマンが初の案件として2018年9月にカリフォルニア州のゴムパッキン製造会社ボイド・コープに30億ドルを投資したと報じた。

趙氏は2つ目の案件について、昨年、米中の通商関係が悪化する中で完了したと明らかにした。詳細には言及しなかった。

趙氏は、バイデン政権下で米国の政策が転換するかどうか注視していくとし、「引き続き長期的な機会を模索する」と述べた。

「われわれは中国の政府系ファンドとして、中国市場を熟知しており、この優位性を活用し、外国企業と中国の架け橋になることが可能だ」と語った。

同氏によると、CICは昨年、英国、日本、イタリア、フランスそれぞれとの協力ファンドを通じても、複数の投資を行ったという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  3. 3

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  4. 4

    学者も生産者も軒並み反対 「海洋放出以外の選択肢ある」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    04月13日 08:45

  5. 5

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  6. 6

    千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張

    NEWSポストセブン

    04月13日 09:29

  7. 7

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  8. 8

    海洋放出も地層処分も強行するな

    畠山和也

    04月13日 08:42

  9. 9

    なぜ市町村に、具体的なワクチン配布の日程を伝えられないのか

    大串博志

    04月13日 08:50

  10. 10

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。