記事

【前編】誰ひとり取り残すことがない生活支援を 東京大学名誉教授の大沢真理さん×西村智奈美衆院議員

1/2

 コロナ禍で立場の弱い女性たちが生活困窮に追い込まれているなか、いま求められる社会保障とは何なのか。自助を強調する菅政権に対し、支え合いの政治を掲げる立憲民主党としてどう取り組んでいくのか。通常国会で審議される法案への対応を含め、東京大学名誉教授の大沢真理さんと党社会保障調査会会長でジェンダー平等推進本部顧問の西村智奈美衆院議員が話し合いました。

西村)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が拡大するなか、収入が減って生計の維持に困難をきたし、貧困と背中合わせになっている人が増えています。仕事を失うこと、イコール収入を失うこと、非正規労働者等であるがゆえに貧困に陥るケースが非常に多くなっています。

 こうした困窮する人たちへの支援に加え、これまでの日本国内の課題として、老後が心配、子どもの教育費が心配と不安を抱えていても、個人の資産、いわゆる自助に頼る部分が大きかった。それでは格差の是正にはつながりません。1900兆円とも言われる個人資産の高齢者への偏在の要因でもあります。

 今日はそうしたことを頭に置きつつ、現下のCOVID-19感染拡大に対して社会保障的な観点から必要なことが十分にできているのかどうか。実際に起きている現象などから大沢先生に紐解いていただければと願っております。

自殺者数は感染症による死者の6倍

西村)まずは、自殺者の増加についてです。先日、COVID-19に感染したことを苦に自死された女性の方がいらっしゃいました。新聞報道などでも女性、しかも若年の自殺が増えていると言われていますが、まずは実態と背景についてお話いただけますか。

大沢)自殺については、1998年から2011年くらいまでの間、年間の自殺者数は3万人を超えていました。自殺率では、男性は統計の取れる国の中で10位以内、女性は、1、2位を争う高さでした。

しかし民主党が政権についた2009年から減少し、例えば「よりそいホットライン」やライフリンク等といったNPOの活動もあり、ここ数年は2万人に近づいていました。昨年は、1月から6月までは過去5年間のいずれの年の同月よりも低く推移していました。これが7月から急増し、10月には前年同月比で40%増と、まさに跳ね上がったわけです。

特に女性の自殺は前年比で80%も増え、大きく報道されました。11月は若干減ったものの、2020年の自殺者数は2万919人(速報値)と、11年ぶりに前年より増加しました。これは、把握されている新型感染症による死者の数の6倍に上ります。コロナ禍でのさまざまな生活困難や、不安と縁がないとは考えにくいです。

西村)コロナ禍で大幅にシフトが減少する「実質的失業者」のパート・アルバイト女性は推計90万人(2020年12月時点)という野村総研の報告に注目しています。当事者からのヒアリングも重ねていますが、皆さん一様に生活の困難、将来への不安、子育て中の方は、その進学や、そもそも食事をしっかり食べさせられないという不安など、非常に強いストレスを感じておられる。

また、エッセンシャルワーカーと言われる医療機関や介護施設で働く皆さんも、感染症患者の有無にかかわらず高い緊張状態で仕事をされています。社会的に、全体的に、さまざまなストレスや、先行き不透明感は、より増していると思います。自殺率と新型感染症は無関係ではないと、あらためて感じました。

女性が働くことが報われない社会

西村)大沢先生は従来から、日本の生活保障システムは「男性稼ぎ主=専業主婦」をモデルとした世帯単位であり、長期安定雇用・年功賃金という雇用慣行のなかで、女性は就業していても貧困になるケースがあると指摘されています。こんな中、ウィルス禍はどのような影響をもたらしてきたでしょうか?

子どもがいる世帯の人口の貧困率、成人の数と就業状態別(2012年頃)
http://www.oecd.org/els/family/database.htm) より大沢さん作成

大沢)結果に表れているところからお話しをすると、まず日本の相対的貧困率は、経済協力開発機構(OECD)諸国で最も高い部類にあり、日米欧主要7カ国(G 7)のうち、米国に次いで2番目に高い比率です。

他の国の貧困は、世帯の誰も就業していない、あるいは世帯主が失業しているといった、就業しているか、いないかと強く結びついていますが、日本では、例えばシングルマザーは、働いているシングルマザーと働いていないシングルマザーの貧困率はほとんど差がない。それどころか、政府が所得再分配すると、働いているシングルマザーの方が貧困率が高いというデータもあるくらいです。

 これはOECD諸国、中国とインドを含めても、他の国では見られない状況です。同時に、夫婦で共稼ぎをしている世帯と、片稼ぎ世帯(ほとんどは男性、夫が稼ぎ手)とでほとんど貧困率が変わらない。裏返して言えば、他の国では「セカンドワーカー」、母親が働きに出ると貧困率が大幅に低くなりますが、日本ではほとんど変わりません。

 つまり女性が働く、収入を得ることが非常に報われない社会であるということです。こういう社会で「女性の活躍」などときらびやかな言葉を使って鐘を打ち鳴らしても非常に空しいと思います。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  4. 4

    与野党ともにしれっと通したい「国家公務員定年延長法案」、山積する問題点を見逃すな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月22日 09:37

  5. 5

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  6. 6

    原告側の敗訴となった慰安婦訴訟 日韓関係に変化をもたらすか

    ヒロ

    04月22日 10:37

  7. 7

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  8. 8

    厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

    青山まさゆき

    04月22日 12:19

  9. 9

    米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

    田中龍作

    04月22日 14:52

  10. 10

    パチンコ人口が1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナと厳しい状況続く

    キャリコネニュース

    04月22日 10:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加