記事

「いま裁判をすれば無罪になるだろう」なぜ田中角栄は悪人と言われるのか

1/2

田中角栄元首相は、今も根強い人気を誇る。それはなぜか。長編ノンフィクション『ロッキード』(文藝春秋)を出した作家の真山仁氏は「いまは政治家を好き嫌いや善悪で見る傾向がある。ただ本来、政治家の評価は、結果を出したかどうか。その点で言えば、角栄は結果を出した」という――。(第1回/全3回)

『ロッキード』を出した小説家の真山仁さん - 撮影=プレジデントオンライン編集部

元総理大臣の逮捕、忘れられない当時の違和感

——田中角栄に改めて注目した理由を教えてください。

田中角栄が総理大臣に就任したのは、私がちょうど10歳だった1972年です。幼い頃から政治や社会問題に関心を持っていた私にとって、角栄の存在感は特別でした。

角栄は「今太閤」「コンピューター付きブルドーザー」などと呼ばれ、内閣支持率は62%に達しました。戦後以降では突出した支持率を記録しました。当時も政治家と言えば、世襲か、名門大卒の高級官僚出身がほとんどで、角栄のように高等小学校卒は珍しかった。角栄は学業優秀でしたが、父の借金があり、進学を諦めざるをえなかった。貧しい環境に育ちながら戦中に建設会社を興して戦後のどさくさに成り上がり、庶民階級として、はじめて総理大臣にまで上り詰めた。

私の両親もそうでしたが、庶民たちは、自らの才覚だけを頼りにのし上がった角栄に対する憧れや畏敬の念、そしてシンパシーを感じていたのだと思います。

しかしわずか4年後、昭和最大の疑獄であるロッキード事件で逮捕されてしまった。中学1年生だった私は、違和感を覚えました。ロッキード社の元社長のコーチャンが「飛行機を購入してもらうために、日本の政治家や官僚にわいろを渡した」と証言した。アメリカ人の彼は罪を逃れたにもかかわらず、なぜ日本の総理が逮捕されるのか。何かがおかしいと子ども心に憤ったのを覚えています。

なによりも数年前に「今太閤」「平民宰相」とあれだけ持ち上げていた首相を、手のひらを返したように、貶めるのか、と。オイルショックやインフレで国民の不満がたまっていたとはいえ、世論の恐ろしさを意識した、はじめての経験だった気がします。

戦後のいけにえのように葬られた政治家

あれから45年が経ちますが、日本社会は変わっていない。

菅政権を見てください。角栄と菅首相を同列には扱いたくはありませんが、あえて言えば政権発足時、支持率64%を記録したものの、コロナ対策の失敗が響き、すぐに30%台前半にまで落ち込んでしまった。「パンケーキおじさん」がこの体たらくです。

昭和の時代からずっと、同じことが繰り返されている……。以前からそんな問題意識を持っていました。平成が終わり、令和がはじまろうとしていた2年ほど前、メディアから平成とはどんな時代だったのか、総括してほしいという依頼がいくつかありました。私は平成とは、昭和の後始末をした30年だったと考えています。

では、昭和とはどんな時代だったのか。高度経済成長とは何だったのか。なぜ、バブルが起き、崩壊してしまったのか。われわれは戦後、どんな過ちを犯したのか。過ちの責任は誰がとったのか……。

『ロッキード』を出した小説家の真山仁さん - 撮影=プレジデントオンライン編集部

平成を総括する前に、昭和ときちんと向き合う必要がある。戦後の高度経済成長期に育った私にとって、昭和という時代は小説家としてもとても重要なテーマだったのです。

デビュー作の『ハゲタカ』でも、昭和という時代をカネという面から考えてみたいと思いました。昔から日本の政財界は、カネにまみれていた。けれど、そのやり取りは他人に見られないようテーブルの下で行われていた。それが高度経済成長、バブルを経て、ハゲタカファンドが登場し、テーブルの上に札束を露骨に積み上げるようになった。『ハゲタカ』で描いたのは、昭和がもたらしたひとつの現実です。

昭和という時代と改めて向き合おうと考えたとき、真っ先に思い浮かんだのが、戦後のいけにえのように葬られた田中角栄と、違和感がずっと拭えなかったロッキード事件だったのです。

繰り返される田中角栄ブームのワケ

——2015年ごろにも何度目かの田中角栄ブームが起き、関連する本がたくさん出版されました。田中角栄のなにが、日本人を惹きつけるのでしょうか。

ひとつは『日本列島改造論』でしょうね。結果的には地価の高騰を招きましたが、地方創生の最初のひな形になった。現在の地方創生政策も『日本列島改造論』をなぞっているだけと言ってもいい。角栄は、東京から北海道、鹿児島まで日本列島の至るところに、新幹線と高速道路網を張り巡らせようとしました。角栄失脚後もその計画が粛々と続けられ、日本全国あらゆる場所に日帰りができるようになった。

角栄は「決断と実行」の政治家と呼ばれました。その背景には、国民の生活を豊かにしたいという純粋な思いと、彼が抱えるコンプレックスがありました。

角栄が生まれ育ち、地盤とした新潟県を含めた日本列島の日本海側は、かつて“裏日本”と揶揄(やゆ)されていました。雪深く、東京をはじめとする太平洋側の当たり前が通用しない。

たとえば、東京都では雪害対策の予算は不要です。首都の東京に雪害予算がないのだから、裏日本にもいらないという東京基準の“平等”がまかり通っていた。

角栄からすると、毎年雪害対策を必要としている人々がいるのなら、そこにカネをつぎ込むのは当たり前、という発想になる。あまり知られていませんが、角栄は小学校の教員の給与を上げたり、住宅ローンの金利を引き下げたりする政策なども行いました。陳情に対し、社会的に必要かどうかを素早く決断して、実行に移していったのです。

あわせて読みたい

「田中角栄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日飲んでるトリチウム水。原発処理水、海洋放出を巡る3種の反対・慎重論について検証する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月14日 09:49

  2. 2

    "最後の行方不明者"探す両親。報道陣を面罵する家主…熊本地震5年、地元紙記者の葛藤

    塩畑大輔

    04月14日 10:25

  3. 3

    「天気予報」や「雨雲レーダー」の信頼度はどれくらい? - 『天気の子』監修の気象庁・荒木健太郎さんに聞く3

    BLOGOS編集部

    04月14日 08:09

  4. 4

    世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

    田中龍作

    04月13日 20:46

  5. 5

    河井元法相公判供述・有罪判決で、公職選挙に”激変” ~党本部「1億5千万円」も“違法”となる可能性

    郷原信郎

    04月14日 11:29

  6. 6

    米ニューヨークタイムズの東京五輪中止論は「もっともな意見」

    志村建世

    04月13日 17:31

  7. 7

    「政治家は明言を避け、決めるのは専門家」日本の政治はナチス化している

    PRESIDENT Online

    04月13日 16:13

  8. 8

    私が菅首相の政治手法をスト2の「待ちガイル」だと思う理由

    宇佐美典也

    04月14日 12:00

  9. 9

    「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

    キャリコネニュース

    04月14日 08:51

  10. 10

    社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」

    キャリコネニュース

    04月13日 18:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。