記事

生活保護申請に伴う扶養照会、効果は少なく当事者・親族・職員に悪影響の現状

1/2
現在、コロナ禍に伴う不況により生活に困窮する人が増え、貧困が急拡大している。
日本には、生活困窮状態に陥った人々のために生活保護制度があるものの、当事者のなかには生活保護の申請に拒否感を示す人が少なくない。
生活困窮状態の人々を生活保護制度から遠ざける大きな障害のひとつに「扶養照会」というハードルがあるのだ。

この記事は、2021年2月18日にYouTubeで開催されたイベント<BIG ISSUE LIVE「扶養照会から考える生活保護」>のレポートです。
主催:ビッグイシュー日本


<BIG ISSUE LIVE「扶養照会から考える生活保護」>には、一般社団法人つくろい東京ファンドの代表であり、ビッグイシュー基金共同代表として困窮者の生活支援に従事しながら、現在は「困窮者を生活保護から遠ざける不要で有害な扶養照会をやめてください!」というオンライン署名キャンペーンを発信している稲葉剛が登壇。

ビッグイシュー基金スタッフの川上翔が司会として、稲葉にキャンペーンの概要や背景、扶養照会の問題点などについて話を聞いた。



3人に1人は「家族に知られるのが嫌」で生活保護を利用しない。
困窮者を生活保護から遠ざける扶養照会とは

「生活に困窮する人を対象に」「生活の立て直しを支援する公的制度」であるはずの生活保護。しかしその申請においては「扶養照会」という大きなハードルが存在する。扶養照会とは「生活保護を申請した人の親族に、福祉事務所が援助の可否を問い合わせること」である。

イベントの序盤、日々現場で困窮者支援を行う川上は、この扶養照会を理由に、生活保護申請に拒否感を示す生活困窮者がいかに多くいるかについて話すと、稲葉もこれに同意。また今回のキャンペーン立ち上げに至る背景となった当事者の声として、下記のデータを紹介した。



これは、ビッグイシュー基金やつくろい東京ファンドを含む複数の団体が2020年末から2021年始にかけて行った「年越し大人食堂」等、年末年始に開催された相談会を訪れた生活困窮者を対象に、実施されたアンケートである。現在、生活保護を利用していない128人に「生活保護を利用していない理由」を尋ねると、回答者のうち34.4%が「家族に知られるのが嫌」だからと回答した。

このような現状を背景として、稲葉は2021年1月、「困窮者を生活保護から遠ざける不要で有害な扶養照会をやめてください!」というオンライン署名キャンペーンを発足させた。このキャンペーンの目的は、厚生労働省が「本人の承諾なしに親族に連絡してはならない」という通知を出すなど、生活保護にまつわる運用の改善を求めるものだ。

イベント当日の2月18日時点で約3.7万人分の署名が集まっており、2月8日には第一次集約分として3.6万人分が厚生労働省に提出された。

水際作戦として機能する扶養照会は法律に基づいているわけではない
だからこそ、厚生労働省からの通知を求める

川上からは扶養照会についてこのような事例が紹介された。



このように扶養照会は「申請する人に心理的なプレッシャーを与える手段として」または「水際作戦として」、「追い返す手段として」利用されることがあるのだ。

また、稲葉は厚生労働省による通知の重要性についても指摘した。

現在、厚生労働省はDVや虐待がある場合や、概ね20年以上音信不通の場合、また年齢によって親からの扶養が期待できない場合は、扶養照会を「しなくてもいい」という通知を出している。「しなくてもいい」の表現が、「してはならない」と捉える自治体もあれば「してもよい」と捉える自治体もあるなど、対応の差を生み出しているのだ。

扶養照会は「三方悪し」。申請者・親族・職員にとっての扶養照会

扶養照会が申請者本人にとって大きな心理的負担となることはこれまでにお伝えした通りである。しかし、扶養照会は申請者本人のみならず、その親族や職員にも大きな負担となるようだ。稲葉はこれを「三方悪し」と表現する。

イベントでは川上から、事例として、生まれてからほとんど面識のない兄が生活保護を申請した際に扶養照会があったという親族の苦悩が紹介された。



「私たちは日常の生活の中でも、特に離れて何年も会っていないようなきょうだいや親には、複雑な感情を持っているんですよね。そういったデリケートな領域に対して、いきなり役所から手紙がやってきて『あなたには扶養義務があります』と言われるのはすごく大きな心理的ストレスになると思います」と稲葉。

稲葉は、扶養照会は申請者とその親族だけではなく、職員にとっても大きな負担となっていると考える。

職員は扶養照会に際して、申請者の戸籍をたどり、ファミリーツリーを作り、該当する親族すべてに書類を送付する。しかしながら多くの場合は返事がない。急に書類を送りつけられたことに腹を立てた親族から、ビリビリに破かれた書類が返送されるといったこともあるそうだ。

あわせて読みたい

「生活保護」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

  10. 10

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。