記事

分散するパワー 没落する西洋とオリエント

米国の地位を脅かす国がなかった「パックス・アメリカーナ」の時代は幕を閉じ、覇権国家なき世界がやって来る。日本やロシア、欧州は相対的に衰退を続ける。米中央情報局(CIA)など16の米情報機関を束ねる米国の「国家情報会議」が4年ごとにまとめている報告書「世界潮流(グローバル・トレンド)2030」を発表した。

報告書は今後10~20年の間に中国は経済力で米国を追い抜くものの、軍事力やソフトパワーなどの総合力で米国は指導的地位を保つと分析。しかし、米国では民主党と共和党の対立が深まっており、そうした困難な状況下、米国は新しい役割を構築しなければならないと指摘している。

経済協力開発機構(OECD)によると、インド、中国、アジアの中産階級の消費は2030年までに世界全体の半分を超え、日米欧とその他の合計を追い抜く。

報告書は、「中産階級の拡大が世界に地殻変動を起こす」と予測し、「多極化する世界では同盟国、友好国、個人や非国家主体のネットワーク形成がカギになる」と分析している。

2030年時点の総合力ランキングは1位米国、2位中国、3位インド、4位日本、5位英国、6位フランス、7位ドイツ、8位ロシアとなっている。

過去30年間、10%成長を続けた中国の経済成長は高齢化の進行とともに減速するものの、2025年時点で世界全体の経済成長の3分の1を占め、2030年時点の国内総生産(GDP)は日本の2・4倍になっているという。

中国は外交圧力を強めており、今後、アジアで日中、日韓、中韓、インド・中国、ベトナム・中国間の緊張が高まる。アジア諸国が経済では中国との関係を深める一方で、米国との安全保障関係を強化する傾向が続くと報告書は予測している。

米国では新しいタイプの天然ガス・シェールガスの開発が進み、石油の中東依存が解消されて、2030年にはエネルギー輸出国に転じるという。イスラム過激派はイスラム圏で支持を失っており、テロの脅威がなくなる可能性がある。

その一方で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮やイランの脅威を封じ込めるため、核の傘を拡大する可能性についても言及している。

一方、日本が抱える最大の問題は急速に進む少子高齢化だ。2010年時点で45歳だった平均年齢は2030年には52歳に上昇。同じ期間に米国は37歳から39歳に、インドは26歳から32歳に、中国は35歳から43歳に上昇する。

人口構成が経済成長のチャンスになるのは0~14歳人口が全体の30%未満、65歳以上が15%未満のときだそうだ。日本では1965~1995年にこの時期は終わっているのに対し、米国は2015年まで、中国は2025年まで続き、インドは2015~2050年に到来する。

次期首相就任が確実視される自民党の安倍晋三総裁は、経済成長を取り戻すためリフレ(緩やかなインフレーションに導く)政策を唱えているが、一部では「活力を失った高齢者に与えるビタミン剤を10錠から30錠に増やしても日本経済は復活しない」という指摘がある。

人口問題に即効薬はないものの、日本が成長力を取り戻すには「デフレ脱却」の対処療法以上に、政治が少子高齢化対策、移民政策、アジア・太平洋戦略でリーダーシップを発揮しなければならないのはいうまでもないことだ。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  7. 7

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  8. 8

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  9. 9

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。