記事

森友事件・赤木さん自死から3年「会いたいよ」妻が綴っていた事件直後の思い - 「週刊文春」編集部

 森友学園との土地取引を巡り、公文書書き換えを上司に強制されたことを苦に自ら命を絶った財務省近畿財務局の元職員・赤木俊夫さん(享年54)。2018年3月7日の命日から、もうすぐ3年が経つ。妻の赤木雅子さん(49)は夫の死から71日後の2018年5月17日から、日々の心の動き、俊夫さんへの募る愛慕の情と深まる哀惜の念、そして何度となく襲ってくる底知れぬ絶望を丹念に綴っていた。今回、赤木雅子さんは事件を風化させぬため、日記を相澤冬樹氏(大阪日日新聞記者)に託し、3年という節目での公開に踏み切った。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)


赤木俊夫さん

 その中には例えばこんな記述がある。

〈今迄としくんに頼りきっていたね。私は今もまだ依存している。としくん、としくんの死んだこと、苦しみ悲しみに、早く自立しないと。明るく楽しくが私のモットーだからね。としくんに元気になった姿を見せたい。

 もう少し涙、いやもーっと先まで涙はとまらないと思うけど。としくんが早くいい所にいけるよう、心おだやかにいられるように頑張るよ〉(5月17日)

 俊夫さんは多趣味な人だった。春、窓の外に来るうぐいすの鳴き声を愛で、初鳴きを毎年手帳に書きとめていた。車も好きで愛車はスバルのR1。夫婦で近くの六甲山までよくドライブしたという。

毎年寄付をしていた俊夫さん

〈としくん、やっぱりすごく会いたいよ。大好きなうぐいすが朝から鳴いているよ。一緒にいたいよ。死んだら一緒にいられるのかな〉(5月18日)

 俊夫さんは「社会貢献」が口癖で、東日本大震災の遺児育英資金「もも・かき育英会」に毎年寄付していた。その遺志を継ぎたいと思った雅子さんはこう書いている。

〈どこかに寄付していく。私はとても幸せに楽観的に生きるんだー。もう(俊夫さんは)いないんだから〉(6月2日)

 3月4日(木)発売の「週刊文春」では、赤木雅子さんの日記を、相澤氏の解説付きで、6ページにわたって詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年3月11日号)

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。