記事

想定外ではない外環道の陥没。被害住民からの指摘

1/2

 77%の家庭で何らかの被害を受けていた…。外環道ルート上で起きた陥没した地域への調査結果が示していた。そして、今回の陥没事故は、決して「想定外」ではなとも指摘されている。


■陥没した地域での調査

 調査は、外環道の沿線住民で組織されている「外環被害住民連絡会・調布」が調布市つつじヶ丘2丁目と若葉町1丁目の陥没した地域周辺の戸建て住宅を対象に個別訪問し行ったもの。調査対象は308軒。回答件数は132件で回答率は42.8%だった。

 立憲民主党東京都連政策調査会で同連絡会から2月11日にオンラインでヒアリングしたさい資料をいただき知ったもの。


▼44%に構造物被害

 被害の内容は、構造物の被害あるとした回答が58件(44%)だった。
 主な被害内容は、室内(クロス)のヒビ:15件、ドア・床の傾き:19件、基礎部分の 亀裂:7件、塀・タイルの変状:17件、コンクリートのひび割れ:17件、段差の拡がり:6件、門扉の開閉不具合:5件など

 同連絡会では、「ない」と答えた方の中には、もとからあったヒビなのかは工事との因果関係は不明との回答があることや高齢の一人暮らしの方も多く実被害についての認識は難しい場合もあることから、実際の被害件数は もっと多いものと考えられ、今後の増加も予想されるとコメントしている。

▼体感的被害が77%

 騒音や振動、低周波音などの被害があったとの回答は102件(77%)あった。内訳は騒音:72件、振動:95件、低周波音:51件。この件数は、複数回答も「1」としてカウントしている。

 構造物被害、体感的被害ともに、今回の陥没現場に近接している住宅ほど高い結果となっていた。、陥没現場から約1km離れた場所でも被害が複数確認されているため、調査範囲を広げると被害は今回の地域に限ったことではない可能性があるとも指摘している。

 発生時期は、住民の記憶によるため正確性には欠けるが、騒音・振動・低周波音などの被害の多くは8月、9月、10月に発生し、特に9月が多い。そのため同連絡会は、この時期に発生していたシールドマシントラブルとの相関関係が顕著だと指摘している。

あわせて読みたい

「陥没事故」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。