記事

パンデミックから1年ー明暗を分けた教訓 何がコロナ対策のベストプラクティスなのか

1/2

 新型コロナの世界的拡大で、主要都市がロックダウンされたパンデミックの経験から1年。先進国を中心にワクチンの接種が広がっているが、未だ終息の目途は付かない。

 言論NPOは、パンデミックの一年間からの教訓を学ぶため、新型コロナの封じ込めに比較的成功し、感染者・死者数を低く抑えている国、シンガポール、ベトナム、中国の専門家3氏にインタビューを行った。

中国とベトナムは共産党一党体制で、シンガポールも他の民主主義国と比べ政府が強い権限を持っている国である。政治・社会制度に違いを越えて、コロナ対策のベストプラクティスとして、3氏が強調したのは、発生源の早期発見、感染経路の追跡と隔離、そして治療の3ステップを迅速かつ厳格に実施すべきだということである。

さらに、水際対策の徹底や政府のリスクコミュニケーションの的確さについても指摘があった。

 シンガポール南洋理工大学Sラジャラトナム国際研究院非伝統的安全保障(NTS)研究センター所長のメリー・カベレロ=アンソニー教授、中国・北京大学国際保健医療学部長の鄭志傑教授、ベトナムの東南アジア研究所(ISEAS)フェローのレ・ホン・ヒップ博士の3名がインタビューに応じた。

政治・社会体制関係なく、発生源の早期発見、感染経路の追跡と隔離、そして治療が感染対策の基本

 まず、3氏からのインタビューで明らかになったことは、ウイルスの発生源の早期発見、感染経路の追跡と厳格な隔離、治療の三段階をいかに迅速かつ厳格進めるかが重要だということだ。その上で、この基本こそが、社会・政治体制に関係なく、広く共有されるべきベストプラクティスであると主張する。

 未だ感染者約2,400名・死者35名の低水準で感染を封じ込めているベトナムの専門家・レ・ホン・ヒップ博士は、ベトナムの成功の背景には、2002年のSARSの経験を基に正しく警戒し、その上で発生源の特定から、接触追跡と隔離を厳格に行ってきたことが寄与したと強調した。この中で、接触追跡については、濃厚接触者やその接触者等を4段階に分け、厳しく追跡を行っていること、さらに隔離についても検疫専用施設を設け、厳格に隔離を行っている例を挙げた。

 この点は、同じく感染者を抑制してきたシンガポールも同様である。Sラジャラトナム国際研究院非伝統的安全保障研究センター所長のアンソニー教授は、大流行が始まった当初から、追跡・検査・隔離における政府の対応が一貫していたことの有効性を挙げる。そしてベトナム同様に、追跡と隔離を厳格に進めてきたことも強調した。

 そして、パンデミックの発生国で、その後ロックダウンと厳格な管理で昨年4月以降は感染者を低水準に抑えている中国。北京大学国際保健医療学部長の鄭志傑教授は、「早期発見、追跡、隔離、治療」は感染症の予防と管理の基本であるとした。そして自身の中国及び米国での経験から、この基本は、政府が強い力を持つ権威主義国、或いは国民の自由が確保されている民主主義国に関係なく従うべき原則だと話す。

あわせて読みたい

「パンデミック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  4. 4

    「日本で働くから英語は要らない…」これからノーチャンスになる人の根本的勘違い

    PRESIDENT Online

    04月10日 11:43

  5. 5

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  6. 6

    【ウォルマート】、戦友マクドナルドと決別!コロナ禍でそれぞれの成長ベクトルが乖離?

    後藤文俊

    04月10日 09:11

  7. 7

    東京出身者が語る、東京暮らしのしんどさ「人口密度と満員電車は異常」

    キャリコネニュース

    04月10日 15:18

  8. 8

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

  9. 9

    24枚ににじむ小室圭さんの“悔しさ”  ネガティブなイメージは払拭されるのか

    文春オンライン

    04月10日 13:56

  10. 10

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。