記事

「芸能人の悪口を言う匿名アカウントは…」“プロバイダー責任制限法”改正は誹謗中傷の抑止力になるか?

 宝塚歌劇団が1日、SNS上における誹謗中傷への対応を発表した。「昨今、SNSなどで、出演者やスタッフに対する誹謗中傷や事実に基づかない悪意ある憶測を流布する行為などが多くみられている」と指摘し、「特定の個人を攻撃するような行為を確認した場合には、法的措置を検討するとともに、発信者の情報開示請求を実施する」としている。

【映像】宝塚歌劇団が発表した「誹謗中傷への対応」

 社会問題化しているネット上の誹謗中傷。昨年5月、女子プロレスラーの木村花さんが亡くなったことを機に、総務省は議論を加速させていた。

「この法律案はインターネット上の権利侵害について、迅速かつ適正な解決を図るため、発信者情報の開示請求にかかる新たな裁判手続きを創設するなどの改正を行うものであります」(武田総務大臣)

 政府は26日、プロバイダー責任制限法の改正案を閣議決定し、国会に提出。この改正案が施行されれば、中傷した人を特定するための手続きが簡素化される。

 現状では、SNS運営会社やネット接続のプロバイダー事業者を相手に、2回の裁判手続きを経ないと、投稿者を特定できず、情報開示に1年以上もかかるケースが多かった。新たな制度では被害者の申し立てをもとに、裁判所が事業者に対して投稿者の情報開示を命じられるようになる。これによって、申し立てから情報開示の判断まで数カ月程度に縮まる見込みだ。

 また、SNS事業者にIPアドレスなどの通信記録がない場合は、ログイン時の情報を開示できる内容も盛り込まれているほか、投稿者の情報が消えないよう、事業者には情報の消去の禁止なども命じられる。

■「ネット上に完全な“匿名”はない」特定簡易でネットの誹謗中傷は変わるか

 芸能人の急死などに端を発し、政府も対策強化に乗り出したネット上の誹謗中傷。オンラインメディア「BuzzFeed Japan News」副編集長の神庭亮介氏は「これまでは被害者側の負担が大きかった」と指摘する。

「木村花さんの痛ましい事件もあり、ネット上の誹謗中傷対策が急務になっていた。今は相手を特定するまでに2回の裁判が必要で、そこからさらに相手方に損害賠償請求するなど、合計3回の裁判をしなければいけなかった。相手の情報を開示するまでに半年、1年と長期間かかっている。誹謗中傷を受けた側の負担が大きく、被害者が泣き寝入りするケースも多かった。手続きを簡素化してスピーディーにするのは、基本的にはいいことだ」(以下、神庭亮介氏)

 傷ついた心の状態では、半年以上の時間をかけて相手を特定し、合計3回の裁判を起こすハードルは高い。また、今回の改正案では、開示要件が緩和化されるわけではないため、申し出によっては棄却される場合もある。神庭氏は「すべてのケースで情報開示されるわけではない」とした上で、「あまりにカジュアルに開示請求するようなケースが続出すると、言論の萎縮も懸念される。開示請求が無闇に乱発されない運用が望ましい」と話す。

「こと誹謗中傷問題に関していえば、ネット上に完全な匿名はない、ぐらいの心構えでいた方がいい。『芸能人の悪口を言うために匿名で発信してやろう』といった甘い考えでいると、特定されて訴えられることになる。内部告発や不正の追及など匿名が必須になるケースはまた別だが、基本的には名前を出して言えないようなことは、匿名でも言わない方が無難だろう」

「改正案が施行されれば、罵詈雑言を吐くために匿名アカウントをつくっていたような人たちも多少は控えるようになるかもしれない。誹謗中傷の抑止効果を出しつつ、言論の萎縮効果につながらないような、バランスのとれた運用が大切だ」

 改正案は今国会で成立すれば、来年末にも施行される見通しだ。

(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

▶︎映像:情報開示に1年以上…現状の手続きと「改正案」で提示された“新手続き”の比較

あわせて読みたい

「誹謗中傷」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

  10. 10

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。