記事

「飲み会を絶対に断らない女」は、生涯をかけて何を積み上げてきたのか

1/2

菅首相は「体調不良ならやむを得ない」と突き放した

山田真貴子さんが3月1日、内閣広報官を辞めた。2月25日の衆院予算委員会では東北新社からの接待は認めた上で、「職務を続けていく中で、自らを改善していきたい」と辞任を否定していた。それなのに、「体調不良→入院→辞表提出→受理」と一転。東北新社に勤務する息子の父である菅義偉首相も「女性の広報官として期待しているので、そのまま専念してほしい」(24日)から一転、「体調不良ならやむを得ないと判断した」(1日、衆院予算委員会)と突き放した。

衆院予算委員会に臨む参考人の(右から)山田真貴子内閣広報官、総務省の谷脇康彦総務審議官、吉田真人総務審議官、秋本芳徳前情報流通行政局長=2021年2月25日、国会内 - 写真=時事通信フォト

菅首相が当初「広報官留任」と判断したのは、「自分の息子のせいで、自分の抜擢した広報官が辞める」ということを既成事実化したくなかったからだと思う。26日に予定していた記者会見を取りやめたのは、ほとぼりを冷ますつもりだったろう。が、「山田広報官隠し」と批判され、会見代わりの「ぶら下がり」でも結局、接待問題を聞かれた。どうしても「息子&山田」となるという事態にいら立ち、流れは一気に辞任へ。そんなふうに想像する。

だけど、こんな展開、素人の私だって想像できる。菅首相という人の、読みの甘さ、政治センスのなさに加え、冷たさも見えてしまった。「守らないなら、最初から辞めさせてやれ」と思う。体調が悪くなるほど、追い詰められた山田さん。接待を受けたことは十分に問題だが、もっと別な幕引きができたはずだ。

なぜ「飲み会を断らない女」という話題を出したのか

森喜朗さんをきっかけに広まった言葉でいうなら、山田さんは「わきまえている女」に違いない。だからこそ、内閣広報官にまで上り詰めた。そして、非常に戦略的に上っていった人だ。「飲み会を断らない女」と自らを語って話題になった動画は、現在非公開になっている。が、すべてを見ると、実に奥の深い「山田流戦略解説」になっていた。

改めて説明すると、山田さんが総務審議官だった20年6月、「超教育協会」(会長・小宮山宏元東大総長)の求めに応じて寄せたものだ。これからの若者に3つのメッセージがあると言い、最初の2つを「ニューノーマル」「グローバル社会」と語った。どちらも「ネット社会とネット活用が大切だから、こういうことをしなさい」という内容で、超教育協会の「IT教育推進」という設立趣旨に添ったものだ。

そして3つ目は「幸運を引き寄せる力」で、ここに「飲み会」が出てくる。協会とまるで関係のない内容で、彼女にしてみればサービスというか親切心というか、「最後に、いいこと教えてあーげる」だっただろうと想像する。

で、なぜそれが「幸運を引き寄せる力」だったかといえば、自信があったからに違いない。

私も「飲み会を断らない女」だったからよくわかる

山田さんは、「女性初」のポストを次々ゲットしていった人だ。2013年、安倍晋三内閣で「女性初の内閣総理大臣秘書官」になり、15年に「総務省初の女性局長(情報通信国際戦略局長)」、16年に「全省初の女性大臣官房長(総務省大臣官房長)」になった。総務審議官という同省の女性初の次官級ポストについたのは、この動画の前年。しみじみとわが身を振り返り、「私は幸運を引き寄せてきた」という自己肯定感でいっぱいだったろう。

内閣広報官・山田真貴子氏の紹介ページ - 写真=内閣官房公式サイトより

では、彼女の思う「幸運を引き寄せる力」とはどんなものなのか。最初に言ったのが、「実績をあげられるプロジェクト」「チャンスをくれる人」に巡り会う幸運をみなさん願うと思います、だった。幸運=上へ行かせてくれる「こと」と「人」に出会うこと。そう山田さんは定義する。

少し自分の話をさせていただくと、私は山田さんと同学年だ。山田さんが1960年生まれ、私は早生まれの61年生まれ。私は83年、山田さんは84年に就職した。新聞記者と国家公務員。職種は違うが、86年施行の「雇用機会均等法」以前に仕事を始め、そこから長く働いたという点では同じだ。私も「飲み会を断らない女」だったから、山田さんのメッセージはよくわかる。

「チャンスをくれる人」を見つけにいって努力する

当時、ほとんどの職場には男性しかいなかった。今ではそういう男性同士がうごめいている世界を、「ホモソーシャル社会」と正しく表現するようになった。が、当時はそういう言葉もなく、そこに入っていった女性はとにかく手探りで進むだけだった。

ホモソーシャル社会は、男同士で評価したりされたりするのがデフォルトだ。山田さんのメッセージにならえば、女性に「チャンスをくれる人(=男性)」は非常に珍しい。そして、チャンスをくれる男性がいなくては、「実績をあげられるプロジェクト」にもよばれない。だから、そういう人に出会ったら超ラッキー。女性を評価する男性は、それだけで見る目がある。だから、その人についていくぞ、オー。若い頃の私は、そんなふうに生きてきた。

そして、ここからが山田さんの山田さんたるゆえんになる。山田さんはビデオの中で、こう続けた。「しかし、良いプロジェクトや人に巡り会う確率というのは、人によってそう違うはずはありません」。違いは、「多くの人に出会い、チャレンジしているか」である、と主張していた。

つまり山田さん、「(女性に)チャンスをくれる人」に会うためには、出会いの回数を増やさねばならない、と言っているのだ。「出会えたらラッキーだからついていく」が私なら、「見つけにいって努力する」が山田さん。これはまるで違う。

あわせて読みたい

「山田真貴子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。