記事

北朝鮮のカメラマンが獄へ落ちる「撮ってはいけない写真」

北朝鮮北部、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の会寧(フェリョン)で写真館を営むカメラマンが、秘密警察にスパイ容疑で逮捕される事件が起きた。

写真館の家宅捜索で発見された一連の写真が問題視され、重罪に問われる可能性が取り沙汰されている。

現地のデイリーNK内部情報筋によれば、事件が起きたのは2月20日のことだ。保衛部に逮捕された。容疑は「スパイ行為」だ。北朝鮮でスパイ罪の最高刑は死刑であり、良くても政治犯収容所送りとなる。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

意外なのは、問題視された写真というのが一見、何の変哲もないものだったということだ。いったい何が起きたのか。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

会寧は中国国境と接する地理的条件から、家族の中に脱北して韓国や他の国に住む「越南逃走者家族」(脱北者家族)の多い土地柄だ。このカメラマンもやはり、身内に脱北した人がいた。そのため保衛部の監視対象とはなっていたものの、これまでは大過なく平穏な暮らしを営んできた。

そして2月12日の旧正月、写真館を訪れたある家族から写真の現像を頼まれた。写真と共にネガも返してほしいと言われたのだが、カメラマンは手違いで別のネガを渡してしまった。

この家族はネガを見て、間違いだとすぐに気づいたのだが、よくよく見てみると、北朝鮮では一般的ではない写真が含まれていることにも気づき、保衛部に通報した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

保衛部は同月20日、突如として写真館に踏み込んで、カメラマンを逮捕し、すべてのフィルムやネガを押収した。その中には、コチェビ(ストリート・チルドレン)を収容する愛育院、市内の主要施設、市民がリアカーを引いて市場に向かう日常の風景に加え、金日成主席と金正日総書記の銅像を撮った写真が含まれていたのだが、これらが問題となった。

金日成氏と金正日氏の銅像やモザイク壁画などは、北朝鮮で最も神聖な場所とされ、24時間体制で警備が行われている。万が一、破壊や破損などが起きれば、最高指導者の権威の毀損と社会不安に繋がり、地元幹部のクビが一斉に飛ぶことは避けられない重大政治事件となる。

過去には、平安北道(ピョンアンブクト)の新義州(シニジュ)で銅像の片腕が壊される事件が起きるなど、全くの杞憂ではないのだが、銅像の写真が破壊行為の計画を練るために撮られたと保衛部は考えたのだろう。

(参考記事:金正恩命令をほったらかし「愛の行為」にふけった北朝鮮カップルの運命

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

保衛部が下した結論はこのようなものだった。

「わが国の貧しさを示す現実を撮って、敵対国に送った」
「カメラマンを装い、スパイ活動を行っていた」

フィルムとネガに加えて、外国映画のファイルが保存されたUSBメモリも、家宅捜索の過程で発見された。最近成立した「反動的思想・文化排撃法」に違反する行為だ。

保衛部はカメラマン本人のみならず、家族、親戚、友人はもちろん、写真館の客まで出頭させ、取り調べを行っている。

脱北者を家族に持つ会寧市民は、とばっちりを受けるのではないかと戦々恐々としつつ、事件の捜査を見守っている。保衛部は、この事件の後に、脱北者家族に対する監視を強化せよとの指示を下しており、地域担当の保衛員は、情報員(保衛部のスパイ)を使って、彼らの一挙手一投足を監視する動きに出ているとのことだ。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  4. 4

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  5. 5

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    「都心に残るか、地方移住するか」堀江貴文がコロナ禍に辿り着いた最終結論

    PRESIDENT Online

    04月15日 15:25

  8. 8

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

  9. 9

    ミャンマーの試練 国連管理も難しく長引く様相

    ヒロ

    04月16日 11:52

  10. 10

    確定申告を終えたフリーランスのあなたへ 仕事の通信簿を分析する

    常見陽平

    04月16日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。