記事

NY、和食弁当配達プロジェクト

1/2

写真)前線で働く警官のために考えられた「NYPDスペシャルパワー弁当」もりつけや素材に細かな心遣いが。
撮影)中村英雄

柏原雅弘(ニューヨーク在住フリービデオグラファー)

【まとめ】

・NY日本総領事館がコロナ禍最前線で働く人々に和食弁当を配達。

・弁当を受け取った警察官からは歓声があがり大好評。

・飲食店を支援するとともにスシ以外の日本食を広めることも狙い。

3/1、ニューヨークでは、最初の新型コロナ陽性者が見つかってから1年が過ぎた。

渡航先のイランから戻った旅行者から新型コロナのウイルスが検出され、日本で発生した豪華客船での感染の対応を、文字通り対岸の火事としてしか見ていなかったこの土地に、いきなり赤信号が灯った最初の日であった。

このころ、トランプ大統領はアメリカでは感染は限定的で封じ込められてる、として、自らの対応を褒め称えていた。アメリカで全国的にまだ楽観視していた空気感もあってか、ニューヨーク州、市当局の対応は、後手に回ってしまった。

トランプ大統領の責任を追求する声も大きいが、ニューヨーク地域での初動の遅れも被害の拡大に一役買った、との批判もあった。

後手に回った対策に対応するため、その一環として、2020年3月15日、唐突に「本日、午後8時をもって、ニューヨークの全レストラン、バーの営業を禁止するとする」との行政命令が出された。長い長い、ニューヨークのレストラン業界の苦難の日の始まりであった。

昨年の始め、ニューヨークには25,000のレストランがあったとされるが、うち、4,500軒はすでに閉店に追い込まれた、との調査がある。何を持って閉店とするかの調査方法が決まっていないため、この数字は正確ではないかもしれないが、5.5軒に1軒閉まった、とすれば感覚的には当たらずとも遠からず、という気がしないでもない。

事実、ミッドタウンのブロードウェイ沿いの中間10ブロックを歩いたが、激戦区にあったレストランは、9割が廃業していた。

そんな中、ニューヨークでは、最前線で働くエッセンシャルワーカーの支援と同時に、苦境にあえぐ日本人経営のレストランを救済しよう、との試みが行われている。

在ニューヨーク日本国総領事館が中心となり、2月初旬から3月末にかけて、ニューヨーク市内の日本食の店15店で調理された弁当を1,000食、市内の警察、消防署、病院、鉄道などの最前線の現場(エッセンシャル・ワーカー)に順次、届けるというものだ。お店は名乗りを上げた日本食レストランの中から選ばれた。

弁当の費用は総領事館の支援によるもので、現地の日系人会が、配達先の選定と配達にあたる。

その現場を取材した。この日、お弁当づくりに当たったのは市内ミッドタウンの寿司店。創作寿司が大評判となり、市内で数店舗を展開するお店だ。

ニューヨーク市内のレストランは昨年3月から9月まで、屋内での営業が禁止され、その後、一旦、25%の定員での営業が認められたものの年末にかけての感染の急増を受けて、再び、屋内での営業が不可に。

その後、2/14から再び屋内での営業が認められ、現在は定員の35%までお客を入れることができるが、この1年の間に、営業を継続できずにやむを得ず廃業となったお店も多い。

そんな中、この店は「大事なお客さん、従業員を守る。コロナを絶対店内に入れない」(武井泰副社長)と州政府から店内営業の許可が出た今も屋内での営業を再開していない。営業はテイクアウトのみ。傍から見ても、営業の継続は決して楽ではないではないことは明らかだ。

配達されるお弁当は領事館が用意した8角形の弁当箱に詰められる。このお店は寿司屋で、普段弁当の販売などはやっていない。テイクアウトも寿司が中心だが、忙しい現場の人に配るお弁当ということで、生ものを避けた内容が考えられた。

写真)お弁当を今回用意したマンハッタンの寿司店。まだ店内に客を入れての営業は始められていない。
撮影)中村英雄

「お弁当は配達される先で、どういうみなさんが食べられるかを想像して内容や、詰め方、彩りを考えるんです」(料理長・小山栄さん)という。この日は配達先が警察署、ということで内容はパワーランチになるよう心がけたという。配達先が病院だったときは、女性も多いかな?と考え、盛り付けに女性を意識した内容にもした、という。今回は特に「和」を意識してもらうために、人参で桜をかたどった飾り細工を苦労して盛り付けた。

写真)配達される車に積み込まれるお弁当
撮影)中村英雄

この日、出来上がったお弁当50食は市内の北、ハーレム地区にある、ニューヨーク市警23分署に届けられた。

もろ手を上げて喜んでもらえた、というのはこういうことをいうのであろうか。われわれがお弁当を持って入ると、休憩室にいた十数人の警官に待ってましたとばかりに、拍手で迎えられた。私がお弁当を作ったわけでもないのに、妙に嬉しく、歯がゆい。

写真)お弁当を受け取って喜ぶ警察官たち
撮影)中村英雄

あわせて読みたい

「日本食」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。