記事

aikoが語る、日常を歌にするまでの過程「絡まった洗濯物は好きという気持ちと同じ」

1/2
aiko(Courtesy of PONY CANYON)

aikoが約2年9カ月ぶり14枚目となるフルアルバム『どうしたって伝えられないから』を3月3日にリリースした。そこでRolling Stone Japanでは独自の質問を交えた彼女のインタビューを掲載することになった。

ちなみに、筆者、Rolling Stone Japanのチーフディレクターとaikoは75年生まれの同い年。そこで、いつの間にか社会における立場が変わってきている我々の世代へ向けたエールをインタビューの最後に求めたところ、彼女らしい回答が返ってきたのだった。聞き手はライターの森朋之。

【動画を見る】aiko「磁石」ミュージックビデオ

—ニューアルバム『どうしたって伝えられないから』、去年以降のaikoさんモードがリアルに感じられる、素晴らしい作品だと思います。aikoさんご自身にも、これまでとは違う手ごたえがあったのでは?

はい、違いましたね。今回のアルバムは、前よりも自分で制作していた感じがあったんです。たとえばボーカルのセレクトも、スタッフが選んでくれたものに対して、「ここをもうちょっとちゃんと歌いたい」という話をしながら進めました。今までの作品のなかでも、人の目をしっかり見て、会話をしながら作れたアルバムのような気がしてますね。マスタリングが終わったときも、すごく達成感があったんですよ。やっとスタートに立てたというか、「このアルバムをどうやって届けられるか」というところまで来れたなって。

—アルバムに関わる人たちとしっかりコミュニケーションを取りながら制作できた、と。

はい。デビューして22年経つんですけど、(制作に対して)自分にコンプレックスがあって。ミュージシャンのみなさん、エンジニアやアレンジャーの方に聞きたいことがあっても、「こんなことを今さら聞くなんて、何も知らないんだな」と思われたらどうしようって怖くなって、質問できないんですよ。自分で作っておきながら、ミュージシャンの方が音を入れてくださって、「大丈夫でしたか?」と聞いてくれると、「私に意見を聞いてくれるんや?」って恐縮しちゃうし(笑)。でも、今回は自分の気持ちをちゃんと伝えて、聞きたいことは聞いて。「ちゃんと自分でやらなくちゃいけない」と思っていたし、それが出来たのはすごく良かったなって。このアルバムを聴くと、一緒に作った人たち、演奏してくれた人たちの顔が浮かぶんですよ。それはホントに幸せなことだなと思うし、1曲1曲しっかり作れた実感がありますね。

aikoが語るアレンジの秘密


—まず、オープニングナンバー「ばいばーーい」の歌詞のインパクトが強くて、作品全体のイメージがこの曲に引っ張られそうになるぐらいでした。これを1曲目に据えた理由はなんでしょうか? 

「ばいばーーい」はトオミヨウさんにアレンジしていただいたんですが、音が上がってきたときに「これを絶対、1曲目にしよう」と思って。1曲目が決まると「メインが決まった」みたいな感じがあるんですよね。あと、「いつもいる」という曲が出来たときに、スタッフが「この曲を最後にしよう」と言ってくれて。まず最初と最後を決めて、あとは流れを考えながらパズルしていきました。

ー「ばいばーーい」は恋人と別れた女性が新しい人生に進んでいく決意を描いていて、「いつもいる」は、”出来るだけ気持ちを伝え合って、いっしょにいよう”という気持ちが伝わる楽曲。この2曲が最初と最後にあることで、「人はいつか一人になるけど、だからこそ好きな人を大事にしながら生きていきたい」というストーリーが伝わってきました。

曲順を決めるときは意識してなかったけど、私も最近、そういうふうに思ってますね。若い頃は「永遠ってある」と思ってたけど(笑)、だんだん「いや、そんなことないな」と実感するようになって。「限りがあるからこそ、今をどれだけ楽しめるかを考えよう」とか「たくさん笑うことが大事」とか、20代のときはわからなかったので。

—今の話は、「どうしたって伝えられないから」というタイトルにもつながっている気がします。

アルバムのタイトル、いつもめちゃくちゃ難しいんですよ。全部をまとめて一つの言葉にするのってプレッシャーがあるんですけど、今回は曲が出揃ったときに「伝えられなかったことを歌にしているな」と思って。歌詞の一節をタイトルにする案もあったんですけど、なかなかピンとこなくて。スタッフの勧めもあって、「どうしたって伝えられないから」に決めました。

ーどんなに伝えたいと思っても、全てを伝えることはできないですからね。

そうなんです。自分の気持ちが相手に100%伝わることはないし、相手の気持ちを100%共有できることも絶対になくて。それが歯痒いなと思うときもあれば、「わからないからこそ、もっと知りたいと思ったんだな」ということもあって。そういういろんな感情が混ざって、このアルバムになってる気がしますね。

—伝わらないからこそ、歌にするのかも。

そうだと思います。今回のアルバムは去年書いた曲がけっこう多いんですけど、「いまだにムカつくと歌詞を書きたくなるんだな」って思ったり、酔っぱらって泣きながら歌詞を書いてたこともあるので(笑)。


Courtesy of PONY CANYON

—アレンジに関しても聞かせてください。aikoさんの楽曲アレンジは作品を重ねるごとに少しずつ変化してきていますが、どこか「aiko印」と呼ぶべき傾向がある気がしていますが、aikoさん自身は考えていますか?

あまり考えてないんですけど、好奇心はあるほうなので、いろんな音楽を聴くのが楽しいって今でも思えてるのが、バランスに繋がっているのかな?と思ったりしますね。

「シャワーとコンセント」に込めた情景


—今回のアルバムには3人のアレンジャー(トオミヨウ、OSTER project、島田昌典)が参加。それぞれの個性が活かされているのも、本作の魅力だなと。まずトオミヨウさんは、シングル「青空」で初めてaikoさんの楽曲に参加。

はい。一昨年、大阪のFM802のキャンペーンソング(「メロンソーダ」)を作らせてもらったときに、アレンジしてくれたのがトオミさんで。それがとても素敵だったので、改めて「青空」のときにお願いしました。アレンジが素敵なのはもちろん、レコ—ディングのときもすごく頼もしかったです。「こういう演奏をしてほしいんだけど、どう伝えたらいいだろう?」ということがあると、トオミさんがちゃんとわかりやすい言葉に変換して伝えてくれて。

ーそして島田さんは、デビュー当初からaikoさんの楽曲のアレンジを手がけてきたクリエイターです。

久しぶりに”島田さん”にお願いしたんですけど、やっぱり天才やなって思いました。とある方に、「島田さんはいろいろな方のアレンジをされてますけど、aikoさんのときはすごい化学反応が起きて、とんでもないアレンジを作るイメージがあります」と言ってもらって。ホントにその通りで、思っていた以上のすごいアレンジを上げてくださいました。歌うときも気合いと責任、感謝、嬉しさ……といろんな感情が混ざってましたね。

ーOSTER projectさんは、2014年以降のaikoさんの音楽を支えてきたプロデューサーですね。

そうですね。OSTER projectさんにはずっとボカロの世界があって、私の曲をアレンジしてもらうと、それがとてもいい距離感で出てきて。人間が再現するのは難しいくらいテクニカルなアレンジもあるんですけど、ミュージシャンのみなさんも挑んでくれる感じがあるんです。「これは人じゃ弾けないですよ」と言いながらも、それをクリアするためにがんばって。そのピリッとした空気もいいんですよね。

ーアルバムの新曲について、いくつか聞かせてください。まずは「シャワーとコンセント」。仕事に行く前に彼女がシャワーを浴びていて、その音を聞きながら、”僕”は「そのまま帰って来なくなる事も何となく分かってるよ」とぼんやり考えているっていう。

そうですね。「これで別れるんだな」って。

—ドラマや映画みたいな状況じゃなくて、シャワーの音を聞いてそう思うのがリアルだなと。

そうかもしれないですね。私、マジメに話していてるときに、フッと全然違うことを考えちゃうことがあって。たとえば別れ話してて、めちゃくちゃ泣いてるとして。すごく悲しいはずなのに、一瞬、ちょっと上あたりから「え、めっちゃ泣いてるやん」って見てる感じになったりするんです。あと、「洗濯物、取り込まないとな」とか(笑)。

—わかる気がします(笑)。

ですよね? 「シャワーとコンセント」も、そういう感じが出てるかもしれないですね。ちょっとした瞬間に「この子、このまま帰ってこないんちゃう?」「せやろな」って自分のなかで会話してるというか。あと、好きな人がシャワー浴びてるときって、いろんなことを考えてたな……って思い出しながら。

あわせて読みたい

「aiko」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    DHCなどを“実名報道”のNHK 民放にはできない“攻める”ニュースの意義を考える

    水島宏明

    04月09日 21:59

  2. 2

    スーパークレイジー君の「当選無効」は大いなる陰謀か、妥当な判断か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月10日 08:20

  3. 3

    なぜ、日本は韓国よりも貧しくなったのか - 原田 泰 (名古屋商科大学ビジネススクール教授)

    WEDGE Infinity

    04月10日 08:56

  4. 4

    【読書感想】日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

    fujipon

    04月10日 09:52

  5. 5

    東大京大生ってどうしてそんなにコンサルになりたがってるの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    04月09日 08:17

  6. 6

    朝日新聞と厚労省へ ここまで対策すれば送別会やっていいですよという具体例

    中村ゆきつぐ

    04月10日 10:17

  7. 7

    売れ行き好調で一時出荷停止の「生ジョッキ缶」 メルカリで転売相次ぐも“違法”のケースも

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 17:24

  8. 8

    JTBの絶望的「バーチャルジャパン」計画

    木曽崇

    04月10日 17:48

  9. 9

    認定取消されなかったフジHDと東北新社の違い 外資規制違反の状態でも抜け道?

    BLOGOS しらべる部

    04月09日 16:47

  10. 10

    補選与党完敗 文在寅レイムダック化

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    04月10日 11:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。