記事

金が回れば経済がよくなる? ⑤ 貯蓄は敵か?

みんなが貯金ばっかりするから。金を消費しないから。経済が停滞するんだ!という主張は世界中で流行のようだ。これは本当に正しいのだろうか?本当にみんなが消費をすればみんな幸せになれるのか?貯蓄はする必要がないのか?

まあ、そもそも以前書いた ように日本人が貯蓄をしすぎなんていうのは大嘘でいまや貯蓄率は世界でも最低クラス。もちろん高齢化も背景にあるだろうがこのデータだけ見ているとみんなが貯蓄を取り崩しているような経済だから発展が止まってしまっているともいえるだろう。

さて、今回は前回 のAさんとBさんの漁師の話から貯蓄について考えてみたい。まあ、ありがちなストーリーだけど。

前回 、Aさんは網を別の島の商人から買うことで飛躍的に生産性を向上させたと言う話をした。Aさんは実は毎日獲っていた魚を売って得たお金の一部を貯蓄していた。一方でBさんはすべてをその日の自分の食費に当てていた。だから、Aさんは貯蓄を持って別の島の商人から網を買うことが出来たのである。

ちなみに別の島の商人から買った網は微妙に網目が大きかった。Aさんの島では大きい魚もいるがもっと小さい魚がよく取れる。また、Aさんの島では農業が盛んなのでAさんたちが食べないような小さい魚も肥料として売れたりする。

そこでAさんは自分で網を作ることを計画した。ただし、網の開発は容易にできるものではない。おそらく半年くらいは労働時間を半分程度にしないといけないことが予想された。そのためにAさんは前回の話にもあったように今までためた貯蓄で網をもう一つ買いBさんを雇用して働いてもらうことにした。そのことでさらに収入を増やしてその分を貯蓄に回した。半年間すると貯蓄が十分にたまりAさんはその貯蓄を持って収穫量を一度半分に落としたがその後に新しい網の開発によってさらに生産性を向上させることができた。島の生活はさらに豊かになったのである。

このときにもし、AさんがBさん同様に貯蓄と言う習慣がまったくない人だったらどうだろうか?おそらく網というものがこの島で使われるにはもっと時間がかかったはずだ。その結果、前回のストーリーにあったように網によって生活が豊かになることはなかっただろう。

この島に仮に中央銀行があったとしてマネーをどんどん刷ったとしよう。当然ながらマネーの供給量が増加すればその価値は下落する。だからマネーを供給したところで貯蓄をしなくてよいということにはならない。

貯蓄の重要性はこのシンプルなストーリーからもよくわかるはずだ。消費すれば経済が発展するなんて理屈はまったく成り立たないのである。マネーをすれば貯蓄しなくていいなんていう話も成り立たないのである。

あわせて読みたい

「経済学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  6. 6

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。