記事

帝国ホテルほか高級ホテルが続々発売の長期滞在プラン ホテル暮らしは本当に快適か

月額36万円の長期滞在プランを販売して即完売した帝国ホテル(時事通信フォト)

 帝国ホテルの「30泊36万円」をはじめ、ホテルニューオータニ、京王プラザホテル、リーガロイヤルホテル(大阪)など高級ホテルが続々と“長期滞在プラン”を発売し、即完売するほど人気を博している。しかし、コロナ禍とはいえ長期のホテル暮らしは本当に快適なのだろうか──。実体験もあるホテル評論家の瀧澤信秋氏が指南する。

【写真】長期滞在型施設の客室風景

 * * *

 ホテル業界の苦境についてはもはや触れないが、過去に類を見ないようなホテルの動きで世間をアッと言わせたのが「帝国ホテル東京」のサービスアパートメントだ。その金額や内容もさる事ながら、あの伝統と格式ある帝国ホテルがサービスアパートメントをスタートすることそのものに注目が集まった。

 その後も高級ホテルから長期滞在プランが続々と発売されている。ブランドイメージ、遊休スペース活用、コスト削減等の面からもサービスアパートメントや長期滞在プランを打ち出す理由が垣間見える。コロナ禍による宿泊需要の激減が要因なのは誰しもが認めるところであろうが、宿泊という概念そのものを変えつつあるのだろうか。

 じつは、筆者は今後注目されるホテルライクな進化サービスとして、レジデンスホテルやサービスアパートメントについて2019年6月に当サイトへ寄稿しているが、今回あらためてポイントを抽出、快適なサービスアパートメントの条件について考察してみたい。

ウィークリーマンションと何が違うのか?

 まず、サービスアパートメントとは何か──。帝国ホテルという話題からホテルっぽい部屋をイメージする。ウィークリーマンションのような週単位や月単位契約のマンションは街中でよく見かけるが、こうしたマンションは家具や家電付きが基本だ(月単位かそれ以下の契約かで法令上の細かい問題はあるがここでは触れない)。

 帝国ホテルの客室にも家具や家電は付いており、手ぶらで入居できるといっても大袈裟ではない。他方、街中の短期契約マンションとサービスアパートメントが異なるのは、客室清掃や朝食の提供、フロント・コンシェルジュサービスなどホテルライクなサービス提供があるかどうかだ。

 近年は外資系の「オークウッド」や「フレイザー」といった高級サービスアパートメントを展開する施設が国内で存在感を示している。一般のホテルでも外資系=高級感をイメージするが、やはりサービスアパートメントというワードには洗練されたサービスや高級感を想起する。

 また、ビジネスホテルで知られる「ドーミーイン」が進出したレジデンスについても当サイトの過去記事でレポートしているが、ビジネスホテルブランドが手がけているとはいえ、客室面積や備品などさすが長期滞在を前提としているだけのことはある。

ホテル暮らしの決め手は客室面積と朝食メニュー

 以上のようなブランドをはじめ、筆者は多くのサービスアパートメント体験をしてきたが、中・長期滞在という点から以下の点は重視すべきポイントといえる。

・部屋/面積、窓、デスク、調度品・備品、キッチン(器具・食器)、洗濯機

・サービス/ラウンジ、朝食、コンシェルジュ

・付帯施設/ジム、スパ、サウナ

・アクセス/最寄り駅・路線、駐車場の有無・料金

・周辺環境/飲食店、ウォーキング・ランニング

 まず、客室面積でいえば最低30平方メートル以上は条件といえる。20平方メートル未満だとベッドとデスクがせいぜいだ。それなりのベッドにデスク、そしてソファやテーブルは欲しいところ。そうした点でもやはり30平方メートルはひとつの基準となる。

 また、大きな窓、できれば少しでも開閉できればベターだ。前述のドーミーレジデンスではバルコニーが備えられていて気分転換に最高だった。

 朝食という点では、内容に日々変化が見られるかはポイントだ。日々異なる定食メニューを導入する施設もあるが、徹底した感染症対策のもとブッフェ形式も徐々に再開されつつある。ブッフェであれば好みのメニューをピックアップすることで変化はつけられそうだが、とはいえこれも毎日同じ内容のブッフェでは辛くなるシーンもあるだろう。

 客室に籠もりがちな生活においては、運動環境も重視すべき点だ。施設内にジムなど設けるサービスアパートメントは多いが、施設周辺が快適に散歩やランニングなどできる環境か否かも重視したい人はいるだろう。

客室内での食事・家事で便利なもの

 施設周辺にある飲食店の充実度も気になるところ。ホテルが手がける長期滞在プランの中には3食付きという豪勢なものもあるが、サービスアパートメントなども供食は基本的には朝食のみだ。

 そこで、施設近くにコンビニエンスストアをはじめ、スーパーマーケットや高級から大衆までバラエティに富んだ飲食店が揃っていると嬉しい。飲食という点では施設内に充実したラウンジがあるかどうかにも注目したい。ラウンジがある施設では入居者へコーヒーを無料サービスしているケースもある。

 客室での食事という点に着目すると部屋に電子レンジがあれば最高だ。ビジネスホテルほどパブリックススペースに電子レンジが設置されている施設が多い(客室に設置するケースも稀にみられる)が、高級ホテルになると見かけない。

 一方、高級サービスアパートメントやレジデンスには客室への設置がデフォルトだ。また、キッチンも注目すべき条件といえるが、キッチンがある客室には、たいてい調理器具や食器も揃う。

 家事という点になれば洗濯機も必要だろう。パブリックスペースに設置する一般のホテルは多いが、サービスアパートメントやレジデンスホテルでは、最新機器を客室に設置しているケースも見かける。ちなみに、筆者は客室で海外製・英語表記の全自動洗濯乾燥機に出合ったことがあるが、最後まで操作方法が分からなかった苦い記憶がある。

長期滞在ニーズの高まりと料金設定

 以上、サービスアパートメントやレジデンスホテルの重視すべきポイントを見てきた。もちろん利用料金というのは最重要項目であるが、個人での利用というよりも、都内へ出向した社員の利用や外資系企業スタッフのためなど法人需要も多いだろう。

 ちなみに帝国ホテルは月額36万円だったが、冒頭で紹介した2年前の記事取材時、ドーミーインレジデンスは月額35万円程度の設定であった。

 帝国ホテルが火をつけたサービスアパートメントが、既存のレジデンスホテルやサービスアパートメントの料金設定などにどのような影響を与えるのかについても興味が沸くところだ。

あわせて読みたい

「帝国ホテル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  2. 2

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  3. 3

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  4. 4

    TBS『週刊さんまとマツコ』の逆張りに期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  5. 5

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  6. 6

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  7. 7

    【読書感想】まちづくり幻想 地域再生はなぜこれほど失敗するのか

    fujipon

    04月19日 15:05

  8. 8

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  9. 9

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

  10. 10

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。